ページ
先頭
総コメ: 14
展開畳む(行コメ:14件)
ページ
末尾
↑[≫]ボタンを押すことで次のコメントに飛びます
第五話「奴隷少女を洗う」

 マルク家のお屋敷のドアをくぐった玄関ホールで、ウィルはいまさらのように苦情を言った。

「なんでギュンガスがここにいるんだよ。買わないって言ってたのに。油断もすきもない!」

 少年の声は大理石の柱の建ち並ぶ玄関ホールの半球状の天蓋へと抜けていく。
 銀狼族をかたった女と、正真正銘の銀狼族の少女ソフィア、そして赤毛の男ギュンガスは、同じ商人を主人とする奴隷であった。
 気がつけば抱き合わせのように、ソフィアのみならずギュンガスまでもが屋敷の使用人として加わっていたのだから、文句の一つも言いたくなろう。

「まあまあ、ウィリアム様。わたしがいたからこそ、この銀髪の小娘を安く手に入れることができたのですよ」

 赤毛の男は、屋敷の玄関ホールの威容にあんぐりと口を開けているソフィアを鼻でわらいながら、そう口にしたのだ。

「たしかにギュンガスの言うとおり、本来百万ドラクマふっかけられていてもおかしくないところを、たったの一万ドラグマでソフィアを買うことができました」

 美しい処女で有能という当初の条件を、ソフィアとギュンガスの二人に役割分担させることであますことなく達成できたのだから、トリスの方も、どこか満足げな様子である。

「ギュンガスを買うのに三四万ドラクマもかかったけどね」
「つまり、百万ドラクマ払うのに比べたら、差し引き六五万ドラクマもの利益をマルク家にもたらしたということですよ」

 なおも口を尖らせるウィルに、ギュンガスはにこやかな笑みを返した。

(よく言うよ……)

 ウィルはあきれた表情を浮かべながら、奴隷市場での最後のひとまくを思い返す。


   ‡


 銀狼族をかたっていた女と、正真正銘の銀狼族の少女ソフィア、そして赤毛の男ギュンガスはなんと同じ商人を主人とする奴隷であった。
 マルク家は今回の騒動に対し、奴隷市場側に厳重な抗議を申し入れた。そうするよう提案したのは他ならぬギュンガスである。
 きんえんに領地を構える伯爵家が不快感を示せば、奴隷市場側としては厳しく処分をしないわけにはいかなくなる。
 奴隷市場への出入り禁止を言い渡されて、しょうぜんと肩を落とす頭の禿げたおとこの商人に、ギュンガスの買い取りを申し出たところ、

「そ、それは困ります。いまこのギュンガスがいなくなったらうちの商売が……」

 小男はひどくろうばいした。
 どうやら奴隷商人にとってギュンガスを失うというのは、片腕をもがれるにも等しいらしい。
 だが、この小男には当座の金が必要ですぐに折れた――
 奴隷をよその国に連れていくだけでも結構な費用がかかる。奴隷市場への参加費も取られる。なにか別の商売をはじめるにしても元手が必要であろう。
 ウィルたちは正式な契約を取り交わすべく、天幕ユルトのなかへと案内された。
 目の前のテーブルの上には売買契約書が置かれている。
 ウィルはソファーに座って、天幕の隅にしゃがみ込む二人を冷ややかな視線で眺めていた。ソフィアの立っていた奴隷の丘の悲惨なありさまをのぞいたあとでは、あまり同情する気になれない。
 ギュンガスと奴隷商は、ひそひそと最後の相談をはじめた。

「先方はもう一万ドラクマで、あと一人奴隷をつけるよう要求してきています。どうせですから今回売りに出せなかったクズ奴隷の一人でもつけてやりましょう」

 ギュンガスはくすくすと笑いながら、そうささやきかけたそうだ。

「いいのか? 相手は伯爵家だぞ?」
「なあに、大きな買い物するときのおまけですから何とも思いませんよ。ご主人さまは奴隷市場から出入り禁止を食らっているのですから、採算の合わないクズ奴隷たちは無理してでも処分するべきでしょう。めしだいだって馬鹿になりませんから」

 出入り禁止という言葉に奴隷商人はがっくりと肩を落とした。

「わたしはご主人さまのお手伝いがしたいのです。ご主人さまが再起を果たすには一ドラクマだって無駄にはできません。最後のご奉公ですから――」

 若かりしころの奴隷商は小柄な身体が大きく見えるくらい強気で、部下に判断を預けることなどなかったそうである。
 やがて奴隷商はテーブルを挟んだウィルの向かい側の席に戻ると、ついに羊皮紙にサインした。

「いままでおまえには随分と助けてもらった。おまえなら新しい職場でもきっと上手うまく――」

 奴隷商は目を赤くしてギュンガスにそう語りかけるが、かつての部下ははえでも払うかのように興味なさそうに手を振り、

「さあ、ウィリアムさま、行きましょうか」

 そう声をかけたのだ。
 そして、鉄のおりに閉じ込め、煤までって隠しておいた秘蔵の奴隷ソフィアが『売りに出せなかったクズ奴隷』に含まれるよう帳簿に計上されていたことがすぐに明らかになる。
 そのときの奴隷商のぼうぜんとした顔は忘れられないだろう。
 奴隷の丘を踏みしめていた銀狼族のは、

「自分の大地に立っていられない人間には、天の恵みを受け取る資格はない。あのような男に自らの判断をゆだねたおまえが悪い」

 地面に両手をついてえつする奴隷商をそう断罪し、長い銀髪をひるがえす。
 鉄の檻にすら捕われない遊牧民の少女が振り向いた先に見たものは、自身に向けられた伯爵家の令息のまっすぐな瞳――

「じゃあ行こっか? きっとソフィアも屋敷が気に入るよ」

 ウィルはくったくなくそう言って、鉄の檻さえも引き裂くソフィアの手を取ったのだ。そこに一切のためらいはなかった。
 遊牧民の少女はおのれを絡め取る少年の手を見下ろし、ひくっとほほらせたのだ。


   ‡


「ほう。良い生地ですな」

 ギュンガスは、妙に前髪の長い小柄な女中がたずさえてきた黒い上着を広げながら、そうほほんでみせた。
 格式にうるさい伯爵が男性使用人を着飾るために支給しているお仕着せのため、それなりに上物である。
 赤毛のやさおとこにつられてこの年若い女中は少しぽうっと微笑んでおり、

「ギュンガス。先ほども言いましたが、女中長ハウスキーパーとして、屋敷の女中に手をつけることは絶対に認められません。いいですね」

 さっそくトリスがそう釘を刺す。
 女中長は女中たちを監督する立場にあり、女中たちに悪い虫フォロワーがつかないよう厳しく監視することも仕事の一つであった。
 一般的に、貴族家のお屋敷のなかでの職場内恋愛ははっである。下級使用人が食事をする使用人用ホールの席順も、男女別に定められ、寝室に行くために使用する階段も男女別にされているくらいである。

「大丈夫ですよ。わたしは女性の家柄や資産、ぎょうぎょうしい外見に欲情するタイプですから、ただの女中なんかには興味はございません」

「それなら結構」

 ギュンガスの上流階級好みスノビズムに鼻白んだのか「せっかく感じのいい人かと思っていたのにィ」とささやく小声が聞こえた。小柄なただの女中は口を尖らせながら下がっていく。

「ギュンガス。明日から従者ヴァレットとして働いてもらうよ。今日はもう休んでいいからね」

 ウィルは手でしっしとギュンガスを追い払った。
 ギュンガスはぺこりと一礼してあてがわれた部屋へと去って行く。

「ソフィアは側付きウェイティング女中メイドとしてウィル坊ちゃまの身辺にお仕えさせましょう。ですが、そのまえになにはともあれまず風呂に入れる必要がありますわ」

 トリスが屋敷のなかに迎え入れるのをちゅうちょするほど、この銀髪の美少女は煤だらけであったし、屋敷に戻ってくるときも軽く顔をぬぐっただけで手拭いが真っ黒になったので、ウィルとしてもソフィアに余計なちょっかいをかけようとは思わなかった。
 トリスはソフィアの銀髪を一房摘むと――

「わたしはこれからソフィアを洗いますが、せっかくですから一緒に洗ってみませんか?」

 そう提案してきたのだ。


   ‡


「な、なんでトリスまで服を脱いでるの!」

 動揺したウィルの声が屋敷の広い浴室に響く。
 水に濡れないようにシャツの袖とズボンのすそをめくり上げて、タイル張りの浴室で待っていると、全裸の女二人が脱衣場から姿を現わしたのだった。

「お目汚しして申し訳ありません」

 そう言うと、トリスはいつものように静かに頭を下げた。
 たわわな乳房が谷間で潰れあって形を変える。

(うわあ。目のやり場に困るなあ)

 すらりと伸びた長い足は、白くなまめかしい。大きく張り出した白い乳房の先には赤い突起が乗っている。
 隠すことなど何一つないとばかりに、抜群のプロポーションがしげもなくさらされていた。
 ここまでばっちりとトリスの裸を見たのはこれが初めてである。
 トリスはこれまでウィルの背中を流すときでも、腕まくりをするだけでいちいち服なんか脱いだりしなかったというのに。

「全身煤まみれの少女を洗うのです。脱がないと洗濯ランドリー女中メイドの手間を増やしてしまいます」
「そ、そりゃそうだけど……」

 ウィルひとりが服を着たままでは逆に落ち着かない。
 たしかにソフィアの身体は、煙突掃除でもしたかのように浅黒く汚れていた。
 ソフィアは、煤だらけの身体の胸と股間のまえに腕を置いて、唖然とした表情で、トリスの豊潤なたいを横目で見つめていた。トリスに比べると、少女の肢体はわいそうなくらい身体に起伏がない。
 だが、同じ痩せっぽっちの身体でも、奴隷市場で見かけた他の未熟な少女たちとは、目鼻顔立ちや肌の張り骨格のバランスにいたるまで、質がまるっきり違っていた。
 ウィルの連れてきたソフィアを一目見て、

『このトリス、ほとほと感服しました。極上品です。わたしにこれ以上の女を用意することはできません』

 そう絶賛したのであった。

「さあ、洗いましょう」

 いけないとは思いつつも、ついトリスの身体をじろじろとのぞいてしまう。トリスがバケツに湯を汲むのに、しゃがむと、白い足の間の茂みとその下のやわらかく複雑な構造をしたにくひだがぱっくりと口を開いた。

(うわあ……)

 初めて見るウィルには刺激がとても強い。湯にもかっていないのに湯あたりしてしまいそうであった。
 トリスは、ソフィアを低い木製の浴室椅子の上に座らせて、頭からばしゃっと遠慮無く湯をかけていく。排水溝へと流れる湯の川は煤を吸って灰色に濁っている。
 よい匂いのする薬液を染みこませた海綿スポンジで手際よくソフィアの身体を拭っていくと、まるで汚れたタイルでも洗うかのように、浅黒かった皮膚が白く変わっていく。

「ん……」
「ほら。じっとしてなさい」

 浴室椅子に支えられたお尻を洗うと、浅黒かった肌の汚れが落ち、白桃のようにぷりんと光った。
 後ろから見たその割れ目のなまめかしさにウィルは息を飲む。こうして同世代の少女の裸を見ていることが、非現実の光景のように感じられて仕方がない。
 その小ぶりな尻がトリスの平手によって軽く張られ、ソフィアはうっと背筋を震わせた。ウィルもついびくっと反応してしまう。

「痩せすぎだわ。これからはきちんと食べさせてもらいなさい」

 そう言って、全体の汚れを大まかに落とすべく、ソフィアの身体を拭っていく。

「も、もう十分だ。あとは自分で洗える」

 ソフィアは抵抗するが、トリスがそれを許さない。

「身の汚れた女中がそばにいたら、ウィル坊ちゃまの恥になります」

 トリスは海綿を持った手の甲で、数筋、黒い髪のほつれた額の汗を拭う。なんだかいつもよりずっと生き生きとしているように見える。
 トリスが大雑把な汚れを落としたので、ウィルもソフィアの身体を洗うのに参加することにした。
 犬でも洗うようであるが、このくらい身体がれいになったら、こちらの服も汚れないだろう。

「さ、ウィル坊ちゃまは前をお願いします」

 トリスは、ウィルに真新しい海綿を渡した。
 そして、ソフィアの両膝の下に手を入れて、ソフィアの身体をウィルのほうに回転させると、ちょうど開いた足が、ウィルの視線の前に開放される形となる。

(ぶっ!?)

 ソフィアはすぐに内股に閉じる。

(い、一応毛は生えているんだ。銀色の)

 それは一瞬だったが、ウィルは目敏かった。

「待て。女中長。これはさすがに幼子おさなごにするようで恥ずかしい……」
「髪を洗いますから、染みないように目を閉じてなさい」

 トリスは、ソフィアの抗議をなかったかのように無視して、わしゃわしゃとソフィアの髪を泡立てはじめた。

「ウィル坊ちゃま、ソフィアの身体はいまあかだらけなのです。あんな風呂もない環境で何ヶ月も暮らしていれば無理もありません。念入りにお洗いになってください」

 目を瞑ったソフィアの耳が赤く染まる。見違えるほど白く生まれ変わった皮膚には、ねじれた糸のような垢がいくつも張りついている。
 汚れを払うべく、ソフィアの痩せた胸に海綿を持って行くと、肌に触れた瞬間「あ……」という少女のかすかな吐息がれた。
 そこは、ほとんど、あるか、ないかという感触だった。
 トリスがソフィアの両手首を掴んで持ち上げた。ちょうどウィルの前で万歳する格好となる。
 浮き出たあばらの凹凸をウィルの持った海綿がくすぐった。

「トリス。ソフィアはすさまじく力が強いから、気をつけてね」

 やや心配そうにウィルはトリスを見上げた。

「そのようです。ソフィア、少しじっとしていてください」
「……んっ。そう言われても……くすぐったい」

 目の前では裸の大人の女性が、目を瞑った少女の腕を必死になって拘束していた。
 少女の胴や脇のまわりを、少年が手にする海綿が行き交うと、少女の眉がムズムズと震えた。
 ソフィアの上半身を洗い終えたとき、トリスは汗まみれになっていた。汗のしずくが、裸身の深い胸の谷間から臍へ、さらに臍から下へと流れ落ちるさまが、いかにも成熟しきった女の性の生々しさを感じさせた。
 一方のソフィアは、妖精のような清純さで性をあまり意識させなかった。長い銀髪はしなやかに濡れて輝いている。瞳は大きく、まつが長いことにいまさらのように気がついた。

「ウィル坊ちゃま、綺麗になったか肌に触れて確かめてください」

 よほど疲れたのか、もうソフィアはぐったりとされるがままになっている。

「う、うん」

 ウィルの右手がソフィアの左胸に触れたとき、ソフィアの眉頭が震えた。どくどくというソフィアの心臓の音を感じる。
 同じく裸のトリスの豊かな胸の膨らみに比べると、大きさは比べるべくもないが、指の下にたしかな女性としての膨らみが芽生えはじめているのが分かった。ウィルの指がつんとした桃色の乳首に触れると、ソフィアは、「ああっ」と鼻にかかった吐息を漏らしたあと、くやしそうに銀色の眉頭をひそめ、下唇を噛んだ。
 桃色の乳首が微かに尖るのを指先で感じ、ウィルはごくりと唾を飲み込んだ。

「触り比べてみませんか?」

 頭の上には、トリスの大粒の果実のような乳房がぶら下がっている。
 トリスの誘惑にあっさりとウィルは陥落する。
 おずおずと反対側の手を伸ばすと、トリスの胸をゆっくりと深く鷲づかみにしたのだ。
 大きな胸の柔肉の中に指が沈み込む。
 左手の白く膨らんだ乳房を二、三度み、そして右手の薄すぎる胸を揉むと、その淡い胸の持ち主は「あっ……」と短い悲鳴とも嬌声ともつかない声を上げた。
 もうウィルの股間は、そのまま射精してしまいそうなほど張っていた。まだ性になれていない少年にとっての初めてづくしなのだから無理もない。

「次はソフィアの下半身を念入りに洗いましょう。ウィル坊ちゃまの手や唇や……大事なところが触れるところですから」

 ウィルは感嘆すべき自制心でそれぞれ掴んだ果実から指を引きはがすと、

「あら?」

 トリスのほうを見据えて、こう言った。

「そのことなんだけどトリス。ぼくはソフィアを抱かない」
「ウィル坊ちゃまもそろそろお脱ぎになってはいかがですか――え?」

 まず、トリスはウィルの言っていることが理解できないという表情を見せた。
 次にトリスの視線がソフィアの全身を上から下までめ回した。まるで、晩餐のときにメインディッシュの料理の質を確認しているかのようであった。身体を清めたソフィアは、発育の不十分さにさえ目をつぶれば言うまでもなく極上である。
 そして、改めてウィルのほうを振り返って、少年の意思が変わらないことを見て取ると、

ぜんを召し上がらないなんて、ウィル坊ちゃまはそれでも男ですかっ!?」

 いままで聞いたことのないような激しい声でウィルを怒鳴りつけたのであった。



◇ 屋敷の女性一覧 ◇

女中長   1人 (トリス)
蒸留室女中 2人
洗濯女中  6人
料理人   1人
調理女中  4人
皿洗い女中 2人
酪農女中  3人
客間女中  1人
家政女中 12人
雑役女中  8人
側付き女中 1人 (ソフィア△)
    計41人
お手つき  0人 (済み◎、途中△)


◇ 用語解説 ◇

女主人の身のまわりの世話をする上級使用人職。女中長ハウスキーパーの管理下にはなく女主人の世話以外の雑事をする必要がない。
侍女は女中服を着ることを義務づけられておらず女主人のおふるの服を払い下げてもらうことが多く、そのため女主人と間違えられることもある。現在マルク家には仕えるべき女主人も令嬢もいないため侍女は雇われていない。

主人の身のまわりの世話をする下級使用人職。役割的には上級使用人の侍女レディースメイドに近いが、女主人直属の侍女とは違い女中長ハウスキーパーの指揮下にあり、女中服を着ている。
マルク領の屋敷は慢性的に男性使用人が不足していることもあり、従者ヴァレット従僕フットマンの代わりを務めることも期待されている。
(※伯爵家女中伝のオリジナル要素の強い女中職です)



第五話「奴隷少女を洗う」へのコメント:
コメント入力のお願い
Twitterログイン後、本文中の行をクリックすることで直接行にコメントがつけられるようになっております。
書いている著者自身がWeb版/同人Kindle版/商業版の各バージョンの違いで混乱しているものでして、もし読んで気になる点や誤字脱字などございましたらご指摘願います。
↓ クリックするとTwitterログイン画面に飛びます ↓
コメントのお礼に特典小説もご用意しております。