ページ
先頭
総コメ: 0
展開畳む
ページ
末尾
第十六話「女中たちの伽(下)」

(約束を破った!?)

 ソフィアはふうふうと肩で呼吸をしている。

「――え、や、破ってない。破ってないよ」ウィルがそう動転し、
「落ち着け。ソフィア!」

 マイヤは、横でいつでも止めに入れるよう中腰になっていた。

「この、裏切り者!」
(裏切り者って……)

 少女の細い肩が震えている。
 いまにも大声で泣き出しそうだ。

「ちょっと落ち着きなよ!」

 そうして華奢な腕を振り回そうとする、ソフィアの両手首を思わず掴んでしまった。
 「あ」とトリスの呆気にとられたような声がかかった。
 自分でもその愚かしさに気がついた。 

(おいおい! どうやってソフィアを止めるんだ!)

 ソフィアの腕が鉄格子をも歪めてしまうことを思い出して、背筋が冷える。紙のようにちぎられてしまうのが自分の肉体というのはぞっとしない。

「ちょ、ちょっと、お、ち、つい、て!」

 だが、ぶるぶると宙を少年少女の腕が震え、力が拮抗する。
 ソフィアは渾身の力をこめて、少年を撥ねのけようと、歯を食いしばる。
 だが、少女の細い両腕を、ウィルは多少てこずりながら、なんとかソフィアを押し倒してベッドに倒れ込んだ。
 本人の言うとおり、理由は分からないが、いまソフィアは神子としての加護を失っている。
 どうやらこれが、神子としての加護を失ったソフィア本来の力らしい。
 なおもソフィアは暴れる。白い顔にみるみる血が上り、苦しげに息を乱し、首筋の根元まで赤くなった。
 ――そして突然、ゼンマイでも切れたかのように、ばたんと腕の力を抜いた。
 ソフィアはぜえぜえとあばらを上下させながら、肩で呼吸をしていた。
 ウィルは同じく汗まみれの身体をソフィアに押しつけるように、抱き合う。

「ひやりとしました――」

 枕元で黒い下着姿のトリスがそう呟いた。
 顔を上げると、手には砂漠の民が使うような、銀色の湾曲した小刀が握られていて、ぎょっとする。
 手足の腱を切るのに特化した小刀だ。
 おそらくウィルが押さえつけることができなかったら、使うつもりだったのだろう。
 ぶんぶんとウィルが首を振ると、トリスは一礼をしてから、ふとももに巻かれた皮のケースへと小刀をしまった。

「トリスのほうが、おっかねえや」

 マイヤに同意見だった。
 ソフィアの呼吸が収まるまで、ウィルは「大丈夫だから。きっと、大丈夫だから」、ひたすら、そう呟きながらその銀色の頭をなで続けた。

「うるさい! わたしはおまえのことを信じていたというのに。おまえなんか信じたわたしが馬鹿だった」

 ソフィアは目に涙を浮かべ、本当に悔しそうにそう言った。
 ウィルに背けるように、顔を横に向けて、ぐすっと鼻も詰まらせている。
 頃合いを見計らって、ウィルはソフィアから身体を離した。

「ねえ。ソフィア。ちょっと大人しくしていて。きっと悪いようにならないから」

 原因はさきほどのソフィアの膣口を舐めた行動しか思いつかない。

「――な、なにを?」

 ウィルは手近に畳まれていた白い布で、ソフィアの女の部分の畝の内側をそっと、傷を付けないように、家政ハウス女中メイドが高価な備品を掃除するときのように、ぽんぽんと表面に布を軽く当てはじめた。
 処女膜を傷つけないように丁寧に――
 ウィルは拭きはじめた直後に、それが自分の下半身を包んでいた下着であったことに気がついたが、もう構わず拭いてしまった。
 ウィルはソフィアの股間から顔を離し、「……どう?」と訊ねた。

「どうってなにが? あ……」

 ソフィアは、体のうちでなにかを感じたように、下腹の丹田のあたりをさすっている。

「――力が戻っている」

 そう、ぱあっと顔を輝かせた。
 ウィルは心底ほっとした。
 ソフィアはにぎにぎと拳を開いては閉じた。

「これならウィルの頭だって握り潰せそうだ」
「やめてよぉ!」

 さきほど胸に腹打ちを一撃食らっただけに現実感がありすぎた。

「ぼくの唾液を拭いたら力が戻った。もしかしたら、そういう仕組みなのかもしれない……」
「そういう仕組み?」

 ソフィアの質問に

「えっと……」

ウィルがうまく思考がまとまらず言いよどむと、

「一つの仮説ですが、殿方の体液を処女膜に塗りつけると力が失われるというのは、神子が性行為の途中で相手の男を腹上死させてしまうのを回避するための仕組みなのかもしれません」

トリスが学者のような口調で推測を述べた。
 たしかに、ウィルはさっき、あやうく首の骨をへし折られるところだったのだ。

「……そういえば、一族に伝わる性の作法として、あらかじめ男に陰部を舐めてもらうというのがある……ちょ、長老の言うことだから大真面目に聞いていなかったんだ」

 ソフィアは消え入りそうな声でそう告げた。

神巫かんなぎが子を産めない場合には、神子の子が次の神巫になるのですね?」

 トリスがそう言うと、ソフィアがはっと顔を上げた。

「どういうこと?」

 ウィルがそう訊ねると、

「直系の女子から直系の女子へと血筋が繋がることは、まず不可能ですよ」

 ソフィアの言葉にウィルはなるほどと思った。
 全ての神巫が直系で結ばれていて――しかもそれが女に限定されるというのは、かなり難しい条件――というか、まず無理であろう。
 必ず女の子が生まれるという保証もないし、不幸にして子を授からないのこともあるだろう。それが何百年か分からないが続くというのは考えにくい。
 神巫や後継者の少女が不慮にして事故に遭うことだってあるだろう。

「……よく気がついたな」

 ソフィアは肩を小さくして答えた。
 そして「後継者については妹にまかせようと思ってたんだ」そう、ぼそぼそと呟いたのだ。

「……と、とにかく、すまない。約束を破ったというのはわたしは早とちりだった」

 ソフィアは詫びた。

「まあ、いいよ。ぼくはソフィアと抱き合うときに命の心配をしなくていいと分かっただけでも助かったし。とりあえず、ソフィア――」

 ウィルはずっと起立している股間のものを指し示した。

「こいつをなんとかしてくれないか?」

 さきほどソフィアの腕を押さえつけているうちに興奮してたまらなくなっていたのだ。

「なんとかってどうやって!」

 ソフィアが悲鳴を上げる。

「えっと……」

 ウィルはトリスがやってくれたことを思い出していた。

「こいつを唇で吸ったり舐めたり、手でしごいたりとか……」

 話をしているうちに、ウィルの言葉がだんだんと尻すぼみに。ソフィアは疑わしそうに半目で睨んでいたからだ。

「それは本当に人がすることなのか?」

 ソフィアは男の性器を咥える行為が信じられないようであった。

「銀狼族はしないの?」
「しない。しないと思う。少なくともわたしは見たことがない――」

 そうソフィアは答えた。

(人の性行為なんて見るものなんだろうか……)
「いいえ――」

 再びトリスが口を挟んだ。

「あなたが知らないだけで銀狼族は口腔性交の文化があります」

 そう言って、トリスは麻袋をもってくると、中からもう一枚の布地を引っ張り出して、シーツの上へと広げた。
 それは色鮮やかなタペストリーであった。きめの細かい羊毛で編み上げられており、人間をかたどった象形文字のような模様がいくつも並んでいる。
 最初は人が戦っている図柄かと思ったが、男と女のようだ。

(ん……? 古語に字の形が少し似ているかな?)

 多少字の形は違えど、もしかしたら読めるかもしれないと頭をよぎったとき――

「あ――」

 ソフィアが短く声を発したので、そちらに意識が持っていかれる。
 少女は布地の端を指でつまみ、それをこねてみせた。指先で布地の質を確認しているようだ。
 東西の交易路を収める領主の一族だけあって、ウィルも多少は毛織物に目利きが利くのだが、一本一本の毛が細く、密度濃く織り込まれており、模様も鮮明で上質な部類に属しているように思う。

「……これは紛れもなく銀狼族に伝わるタペストリーだ」

 やがてソフィアはそう言った。

「人の性交の四十八通りの体位を表わしたものです。結構高かったんですよ」

 トリスの言葉にソフィアの顔が赤く染まる。

「恥じる必要はありません。銀狼族は豊かな性文化をもっていた証です。ソフィア――あなたが望むなら、これをあなたにさし上げましょう」
「わたしに?」

 ソフィアは困惑しているようだった。銀狼族の文化遺産だが、模様が模様だ。

「……あなたがいらないというのなら、明日、焼却に出してしまいます――」
「もらう――もらうとも!」

 ソフィアは慌ててそう返事をした。
 どのような模様であっても、自分の部族の文物をそう簡単に燃やされてはたまったものではない。

「あなたの私室に部屋に飾っておくとよいですよ」

 ウィルはトリスが鬼だと思った。

「あなたには一応、平民から見れば悪くはないお手当が出ます。商人が銀狼族の出物をもってくれば引き合わせましょう。多少であればお給料の前借りにも応じます――」

 トリスがさっそく女中長ハウスキーパーとしての人心掌握術を披露した。

「そのまえに――わたしが見本を見せてさし上げましょう。ご主人さま、失礼します」

 トリスはウィルの足元に跪くと、右手の平でウィルの睾丸をたぷたぷと持ち上げて見せた。

「三回分――いえお若いですから四回分はあるかもしれません」

 そして鈴口を舌でぺろりと突いた。
 ウィルの体がびくんと震える。
 いつぞやのトリスの舌技を思い出してそれだけで興奮してしまう。

「ひとまず女の口に一発ずつ放つのはいかがでしょうか?」
「う、うん」

 ウィルはベッドの縁に座った。
 三人の女たちが、絨毯の上に腰を下ろす。
 色違いの髪の女たちの頭が並び、そのうちの真ん中の一番高さのある黒い頭の唇がウィルの男根に近づいた。

「咥えるときは、――こう。むぐっ。こうやって頬の横を窄めると、口の中で女の膣内を進むのに似た快楽を与えることができます」

 ほわあとウィルは、トリスの攻めに弛緩した表情を浮かべる。

「しごくときは、こうご主人さまの弱い部分を見つけて、指の腹でそこを確実に押さえるようにして――」

 要点を押さえた動きがウィルを翻弄する。
 ウィルは思わず腰を浮かせる。

「うあああ……」

 まだ身を重ねて間もないというのに、トリスはウィルの弱点を把握していた。

「こうやって下から舐め上げるとよいでしょう。ご主人さまは所有欲や支配欲が精神的な快楽にむすびつきやすいタイプです」
(見抜かれてる――!?)
「こうやって舐めると、ご主人さまに対する従属をしめすことができます」
「うっ……」 

 ウィルのそり立った男根の腹の部分を下からねぶり上げた。

「トリス!」

 ウィルは我慢をできずに、トリスの頭の左右を掴み、男根をのどの奥まで差し込んだ。

「ふたりともトリスの動きをよく見ておくんだ」

 なんだかとても良い気分だった。
 まず最初は先っぽから根元までゆっくりと突く。それから激しい前後運動をする。トリスはそのどちらにも完璧に唇と舌を合わせてみせた。
 もう出してしまっても良い頃合いだった。
 最後の一突き――トリスの白く通った鼻筋にぐりぐりと自分の陰毛を押しつけるようにして腰を突き込んだとき、トリスは突き込まれた格好のままねっとりと笑った瞳で見上げていた。

「うっ!? あ、いく……」

そのままトリスの腔内にどくどくと射精した。
 気怠い疲労感に包まれつつ、見下ろした視線の先に咥えたまま微笑んでいるトリスがいた。左右の二人はトリスの横顔をみつめていた。

(あ、そうか。トリスをよく見ておけと命令したっけ)

 トリスは煩くならない程度に柔らかく射精後のウィルの男根を締めつけている。
 射精後はだるい刺激に包まれていたいという男の生理を完璧に理解している動きであった。
 そしてウィルの出したものがたっぷり詰まった唇を開いて見せた。
 口の上下に、精液の糸が垂れ下がり、舌先が白く隠れるくらいの量が溜まっている。
 トリスはなにかを期待しているような視線でウィルを見つめ続ける。背中がぞくぞくとした。

「の、飲んでいいよ」

 ごくりと喉を鳴らして呑み込んだ。
 そして再び口を開けたときには口のなかが空になっていた。

「ど、どんな味がするんだ?」

 マイヤがそう訊ねると、「試してご覧なさい」とトリスは返答した。

「なあ、次、オレがやってみてもいいか?」

 マイヤが見上げてそう言った。
 ウィルは鷹揚に頷き、そのままベッドに仰向けになる。

「ソフィア。ベッドに上がって」

 銀髪の少女をベッドにあげて、その可憐な唇に吸いついた。
 下半身には幼なじみの少女の小さな唇が吸いつく感触がした。
 トリスほど技巧は優れていないが、その感触が新鮮だった。

「ここを……こうして……こうして……」

 下半身でトリスがなにか説明をした後、じゅっぱじゅっぱと快楽の音がした。
 そのたびに少女の吸い付きは上手くなっていく。

「ソフィア、こっちにお尻を向けて、マイヤが咥えているところを見るんだ」

 銀髪の少女は少し躊躇った後、素直にお尻をウィルのほうに向ける。
 中腰で座った姿勢なので、ソフィアの肛門はきゅっと締まられていた。
 淡い蕾のような割れ目から銀色の陰毛がちろちろと姿をみせている。
 ソフィアの白い桃のようなお尻を抱え、自分の唇のあたりまで移動させると――シックスナインの体勢となった。
 ソフィアの膣口の周囲をつるりと舐めると、ソフィアが体を震わせ、熊のような腕力をもっている肢体の力が抜けた。
 もう今度は暴れるようなことはない。
 大陰唇・小陰唇・陰核――土手の外側・内側を縦横無尽に舐め上げ、湿った畝の隙間の水分を啜り上げる。
 そして快楽の集中する丘の頂を執拗に舌と指先に集中させたとき、処女膜の隙間からちょろちょろと液体が溢れだした。
 あまりに興奮して、あまりに集中していたためか、急に音が戻ってくるような感じすらした。

「あ、だめだ。あ。あ。だめ。あ」

 ソフィアが断続的な悲鳴をあげている。

「じゅばッ、じゅばッ、じゅばッ、じゅばッじゅばッ!……」

 マイヤは卑猥な音を立てていた。

「だいぶ深く飲み込むのディープスロートが上手くなったわね」

 トリスはマイヤを褒め称えた。
 ウィルは、だんだんと下半身に昂ぶってくるものを感じはじめていた。

「マイヤ。受け止めて」

 ソフィアの膣口に向かったままマイヤに命令すると、こくんと肉棒が肯定を伝えるように揺れた。
 ここでウィルは悪戯心を起こす。小指の先をソフィアの膣口につけたときに、ソフィアは身悶えした。

「ウィル。約束が……」

 だが、一時的に超常の力を失っている少女に対抗する手段はない。ウィルの手を振りほどくことができず、快楽に戸惑う少女がいるだけだ。

「あ。お、ね……が!」

 小指の先が少しだけ処女膜にめり込む。
 ――無慈悲に指の第一関節ほどが肉の壁のなかに沈んだとき、ソフィアは背筋を反らし、

「ダメ――!」

ウィルは射精をしていた。
 二回目にも関わらず、かなり量の多い精液がどくどくとマイヤの腔内に注がれた。
 ウィルの指が侵入した場所は人差し指の刺さったソフィアの肛門のほうであった。
 親指の触れた膣口は無傷のままである。

「マイヤ。ソフィアに変わって」

 マイヤが頷く刺激を感じた。

「ソフィア。約束は守ってあげたんだ。次は君の番だよ」

 頭上の白い尻を強めに二、三度叩いてみたが、動き出さない。
 恨みがましい視線が投げかけられるのを体で感じていた。

(やりすぎたかなァ……)

 ウィルが少し反省しはじめたとき、

「ソフィア。殿方の誠実さをアテにしてはいけません」

トリスがそんなことを言い始めた。

(ちょ、ちょっと! なに言いはじめてるの……)

 ウィルは動揺する。

「ぼ、ぼくはソフィアとの約束を守るよ。さっきも約束をまもったじゃないか」

 ウィルは女の股ぐらに鼻先を突っ込んだ状態で必死に反論をする。

「たしかにご主人さまは守ってくれるかもしれませんね。でも、殿方の心は移ろいやすいものです」
「それは困る……」

 ソフィアは唸るようにしてそう言った。

「守ってもらう方法がありますよ」
「な、なんだ。それは。教えてくれ!」

 ソフィアの声は必死だった。
 ずっとソフィアの処女膜を触っていたので、いつか約束を違えて破られてしまうのではないかと不安に思われていたらしい。

「古来より、男に支配された女が取り得る方法はただ一つ――両の玉をきちんと握っておくことですよ」

 トリスはそう言うと、ウィルの玉袋が手にひらに温かく包まれた。

「男が女の約束を破るのは、性的に満足していないときが大半です。女が閨でしっかりと満足させれば、必ずご主人さまは約束を守ってくださいます。処女を散らさずともあなたにできることはいっぱいあるでしょう?」

 やがて――思いきりよく、ウィルの強ばりが吸われた。
 体の隙間から下を覗くとたしかにソフィアがウィルの男根を吸っていた。
 ソフィアのその行為はウィルの支配欲の鎌首を大きく育てることになった。ソフィアの腔内で、射精後のまだ萎えた状態から、男根が硬く充血した。

「ん。ん……」

 困惑したのかソフィアがくぐもった声をあげた。

「いいかい。君がそれを硬くしたんだ」

 目の前の肉の薄膜に舌を這わせながら、さきほどのトリスの言葉を肯定するかのようにウィルは呟いた。

「誓うよ。これは必ずぼくのものにする。ぼくのものになるということは、――ソフィア、君の望みも叶うということだ」

 ソフィアの舌技はまだまだ未熟だったが、トリスとマイヤのしているところを見て、一応どうやればウィルを喜ばせることができるが分かってきたようだった。
 拙いながらも、確実に段取りを踏んで、ウィルを絶頂へと導きつつある。
 一方、とろりと濡れだしたソフィアの花弁がウィルの興奮を一層高めた。
 そしてウィルは、どくどくと自分の射精する音で、疲労で頭が真っ白に染まった。
 かくしてウィルの誠実さは精液によって彩られることになったのだ。
 射精後の気怠い眠さに意識を手放しかけたとき、気つけをするように頬のあたりを軽く叩かれた。

「うん?」
「申し訳ありません」

 見上げるとトリスだった。

「大事な場面ですから、こちらへ」

 のろのろと体を起こすと、足元の絨毯には足を内股に折って座るマイヤが、目の端に涙を溜めながら、ずっと口許を押さえていた。
 そしてソフィアも口許に手をあてて若干ふらふらしながら頭を起こした。

「ご主人さま。犬の忠誠を試すのもほどほどにしませんと」

 ウィルはあっと思った。もしかしてマイヤの口のなかには――

「マイヤ。口のなかを見せて」

 どろっとした白い液体がマイヤの腔内に溜まっていた。白い筋が渦を描くようにまだら模様になっている。

「ソフィアも」

 同様に、ソフィアも口を開けた。そこにはマイヤのものよりも少量で薄い精液が溜められていた。

(三発目ともなると、さすがに水っぽくなるんだな……)

 ウィルは二人の頭を優しく撫でる。

「よく頑張ったね。偉かったよ」

 マイヤは報われたように喜び、一方のソフィアは、頭を撫でられたことをどう解釈してよいか分からないといった感じで困惑していた。

「さ、二人とも。飲んで」

 そう言うと、マイヤは量が多く濃いわりに、一息に飲み干した。
 ソフィアは、やれやれとばかりに首を振るのと肩を竦めるのを同時にやってみせた後、銀色の眉を顰めて、何度も苦戦しながら、つっかえつっかえ飲み干した。
 その少女たちの様子を見て、ぞくぞくと背筋を突き上げるものを感じた。
 今晩はまだ、女の膣内に一度も挿れていないのだ。

「さ、頑張ったマイヤにはご褒美をあげないとね――」

 びくびくとウィルのものは、依然として天を指していたのだ。

「お、おう。ついにオレ、ウィルの女にしてもらえるんだな」

 マイヤは震える声でそう言った。

「二人っきりのときにとっておいて欲しいなら、それでもいいよ」

 ウィルがそう言うと、

「酷いご主人様だな。犬の目の前にご馳走出されたらすぐに食べるに決まっているじゃねえか」
「いいんだね」
「くどいぞ! そんな勿体ぶるような女でもねえんだから、さっさと貰ってくれ。もうおまえの好きなやりかたで抱いてくれ」

 ウィルのまえの絨毯に座るマイヤの横で、ソフィアがしきりに喉を押さえている。ひっつくとか呟いている。

(好きなやりかた……)

 ふと思いつくものがあった。

「マイヤ、ソフィア。ベッドに上がってくれ」

 そういって二人の少女の腕をベッドのほうへと引っ張り上げる。

「お、おう?」
「え、ええ? わたしもなのか――」

 二人の少女は躊躇いがちにベッドへと身体を横たえた。

「マイヤ。ソフィアの上で四つん這いになるんだ……」
「ああ……この変態。あ、これ褒め言葉だからな」

 マイヤは合点がいったように、そうぽつりと呟いた。

「まあ、立派になられて」とはトリス。
「え、え、ええ?」

 ソフィアはまだ動揺していた。
 マイヤの薄い胸が、さらに薄いソフィアの胸の上に重なる
 そしてウィルの指示通り、四つん這いとなった。
 ウィルは、抱き合った少女二人の足の間に割って入り、マイヤの割れ目に自身の怒張を当てる。

「マイヤ。入れるよ」

 くちゅっと、ウィルの亀頭かマイヤの女陰の割れ目の入り口にあたる。

「これから、いっぱいいっぱい抱いてあげるからね」

 ウィルの男根がずぶずぶとマイヤの女陰のなかに沈んでいく。
 後ろから突き込んでいるウィルには、マイヤの表情が分からない。
 だが、下敷きになるソフィアがマイヤの表情を心配そうに見上げている。
 痛そうにしているようだ。
 だが、容赦なく、一気に押し込んだ。
 マイヤの身体のなかで、ぶちっと何かが切れる音がした。
 痛みによるものなのか、マイヤは背筋を引き攣らせている。
 そのとき、マイヤは肩で息をしていた。

(マイヤ、かなり辛そうだな)

 ウィルが後ろから覗き込むと、気丈に笑みを返したが、明らかに無理をしている。
 マイヤは、後ろからでも脂汗を垂らしているのが分かるくらい辛そうであった。
 それでも容赦なく腰を振りはじめた。達しないとマイヤは納得しないだろう。ウィル自身も納得できないのだ。

(マイヤの身体の負担を考えると、はやく終わってやりたいが……)

 だが、四回目だと流石にすぐには達しそうにない。

「トリス少し協力して」
「はい」

 ウィルの言葉にトリスが即座に返事をする。
 協力してと言ったものの、トリスにどのように協力させるか実はあまり何も考えていなかった。
 トリスの豊満な胸を押しつけてもらえれば、すこしは早く達せられるようになるかと思ったのだ。
 だが、予想外の刺激がウィルの背をつらぬいた。
 マイヤのなかに突き込んだまま、ぶるぶるとウィルの尻が震えた。
 ウィルの男根がマイヤの細道をこじ開けたように、自身の肉の穴――トリスがウィルの尻の穴に舌をねじ込もうとしているのだ。
 すぐには侵入できないと分かるや、ちろちろとウィルの尻の穴の周辺の舐め回しはじめた。

「くっ。そ、そういうのもあるんだ……」

 ウィルのほうは、両手をマイヤとソフィアの胸の間に指を差し入れる。
 そして少女二人の淡い乳房を揉む。
 そのまま激しく、腰を出し入れする。
 自身の尻の谷間から女の声がする。

「ご主人様、お外にお願いします。避妊処理をしていません。孕んでしまいますから」

 そう言って、きゅうっと二つの金玉を握りしめた。

「言われなくても分かってるよ!」

 嘘であった。
 すっかり忘れていて、そのままマイヤのなかで射精をするつもりであったのだ。

「は。申し訳ありません」

 トリスはすぐに、金玉を締め上げる指を離した。
 ウィルはマイヤの中から抜き、ソフィアとマイヤの股の間に差し込むと、二人の赤と銀の眉が揺れる。三人の少年少女の性器が触れあう。

「だ、出すよ! ふ、二人とも……」

 三人の女たちはそれぞれのやりかたで、びくんと身体を震わせた。
 そして、トリスの舌先がウィルの尻の穴深くに侵入したとき、ウィルは、二人の少女の合わさった白い腹の間に精を解き放ったのである。


◇ 屋敷の女性一覧 ◇
女中長   1人 (トリス◎)
蒸留室女中 2人 (リサ△・サリ△)
洗濯女中  6人 (第一:ジュディス)
         (第二:イグチナ・ブリタニー△・シャーミア)
         (第三:アーニー・レミア)
料理人   1人 (リッタ)
調理女中  4人 (マイヤ◎)
皿洗い女中 2人
酪農女中  3人
客間女中  1人 (フローラ△)
家政女中 12人
雑役女中  8人
側付き女中 1人 (ソフィア△)
    計41人
お手つき  2人 (済み◎、途中△)




第十六話「女中たちの伽(下)」へのコメント:
コメント入力のお願い
Twitterログイン後、本文中の行をクリックすることで直接行にコメントがつけられるようになっております。
書いている著者自身がWeb版/同人Kindle版/商業版の各バージョンの違いで混乱しているものでして、もし読んで気になる点や誤字脱字などございましたらご指摘願います。
↓ クリックするとTwitterログイン画面に飛びます ↓
コメントのお礼に特典小説もご用意しております。