ページ
先頭
総コメ: 0
展開畳む
ページ
末尾
第六話「閨の教育係」

「つまり、ソフィアの妹を取り戻すまでは、ウィル坊ちゃまに処女をささげることはできない、そういうことですね?」
「うん。そう約束した。内緒にしていてごめんよ」

 ウィルはそうびた。

(そりゃ、高い金を払ってギュンガスと抱き合わせで買ったのに、伽をさせられないのは納得いかないよね……)

 トリスは大きなタオルを体に巻いて少女の着替えを手伝っている。
 淡々とした様子が逆に怖い。
 ソフィアの白く生まれ変わった足は、同じように太ももまである純白の靴下に包まれている。細いウエスト周りには、長い靴下を吊るためのガーターベルトが着けられており、デルタ地帯には銀毛をうっすらと透かせる白く刺繍の入ったレースのショーツが履かされていた。少女はショーツとセットのレースで包まれた胸もとを、裸でいたときよりもむしろ恥ずかしそうに両手で包み隠している。
 刺繍入りの下着はそれなりに値が張る。高価な下着は、ウィルの初夜を盛り上げるためのトリスの配慮だったのだろうか。いつ用意したのか分からないが、サイズまでぴったりであった。
 眉の上で切りそろえられた銀の前髪がしっとりとした芳香を放っている。背中に向けて銀の川のように髪が流れている。
 その縮こまる様子は、どこぞの高貴な令嬢が下着姿に剥かれているようであった。
 この少女が、ついこの間まで奴隷の丘のうえでおりに入れられて野性の狼のように空を見上げていたなんて伝えても、屋敷の女中メイドたちは、にわかに信じないだろう。

「すまないが女中長ハウスキーパー、そういうことだ。わたしには一族に伝わる人並み外れた腕力がある。この力を失えば妹を取り戻すのは難しくなる」

 その気になれば、ソフィアはいつでもあの奴隷商人の檻から逃げられたのだ。奴隷として買ったが、少女の意に反して無条件に自分の手元に縛り付けておけるわけではなかった。奴隷であって奴隷でないというのが少女とウィルとの関係である。
 トリスがバスタオルを巻いただけの格好で胸のまえで両腕を組むと、その腕を押し上げる乳房の膨らみは、トリスの断固たる意思の重さを表わしているかのようであった。

「つまり先ほどのように、に至らない肌の接触行為であれば何の問題もないというわけですね?」
「――うっ……。いや、その……」

 ソフィアは痛いところを突かれたとばかりに言葉に詰まった。
 そこはまさに、ウィルが厳密に定めることをちゅうちょしていた境界線である。

「唇を吸われようが、乳を吸われようが、処女膜に傷さえつけなければ、何をされても文句はありませんね? その上で、望み通り妹さえ取り戻せば、ウィル坊ちゃまに処女を捧げる約束と理解してよろしいですね?」

 畳みかけるようにトリスが念を押した。
 ウィルはかたを飲んでソフィアの返答を見守る。ウィルとトリスの視線が純白の下着姿の少女に突き刺さる。
 ソフィアはしばらく無言で下唇を引きらせた後――こくりと頭を縦に振った。

素晴らしいトレビアン――ならば何も問題はありません。そういう趣向とは考えつきませんでした」

 トリスはメインディッシュの出来映えに満足する外国の料理人シェフのような口調でそう賞賛した。
 ウィルも、「素晴らしいハラショー!」と叫んで、北方の軍騎兵舞踊コサックダンスでも踊り出したい気分になった。
 そこでふと、トリスの微妙な言い回しに違和感を覚えたことを思い出す。

「そういう趣向?」
「これなら処女のまま教育できますね」

 トリスはウィルに返事をしなかった。

「処女のまま教育?」

 ウィルは、トリスの言った怪しげな言葉の組み合わせに戸惑う。
 この女中長は奴隷市場でもかい見せたように、ときどき途轍もなく女に容赦がなくて怖いのだ。
 トリスは、しばしの間、ぶつぶつと口のなかでなにかを呟いていた。
 そして、急にウィルに正対すると、

「わたしの考えが浅かったと思い知りました。先ほどは使用人風情が大きな声を出して申し訳ありませんでした」
「え、いや――」

 止めるまもなくバスタオル姿のトリスが腰を深く折る。
 そうすると、トリスの胸の合わせ目がより一層ウィルの前に強調され、白い両のふとももを包むバスタオルのすそが引っ張られ、足の付け根の黒い毛がほんの少し顔をのぞかせた。

(おっ、おっ……!)

 散々洗い場で見たにも関わらず、ウィルの視線は、女中長の胸と股間をつい往復してしまった。脱いでいるときよりも、半端にタオルでもまとっているほうがイヤらしく感じてしまうのだから仕方がない。
 だが次の瞬間――

「そこで。ウィル坊ちゃま――いえ、ご主人さまにお願いがあります!」

 トリスは、バスタオルで巻かれた長身を、脱衣所の板張りの床にたたきつけるようにして頭を下げていたのだ。
 死ぬほどぎょうてんした。
 床に額までつけている。
 女の土下座である。それもこの屋敷で一番権威のある女の――

「……な! ちょっ! ど、どうしたの!?」

 ウィルはあまりに唐突な展開に目を丸く見開いて、ぱくぱくと口を開けることしかできない。

「願わくばこのトリスに――ご主人さまに性の手ほどきをさせていただけませんか。ねやにおいても私をご主人さまの教育係に任命してほしいのです」
「教育係――……閨の?」
「はい」

 トリスは平伏したまま返事をした。
 丈の足りないバスタオルから、トリスのぷりんとした大きな白いお尻が見える。ウィルにとっては、女の尻をこんなふうに上から見たのはもちろん初めてである。白い尻たぶの割れ目が匂うようで、とても卑猥に感じられた。
 トリスに叱られて、一時的に縮こまっていたウィルの男根はむくぬくと膨らみはじめた。

(きょ、今日は、股間を大きくしてばかりいる日だな……)

 足元には熟して芳香を放っている果実に、その横には熟す前の青い果実――二人の女のたいを見くらべながら、ウィルのズボンを男根が押し上げていた。

(早くこの昂ぶりをぶつけないことには、もう頭がおかしくなりそうだ)

 ごくりとウィルの喉が鳴らしたそのとき、ひれ伏す黒髪の女がじれた様子で顔を上げた。

「この願い、かなわないのであれば、お暇を頂きとうございます」

 思わず血の気が引いた――

(お暇?! どうしてそうなるの!?)

 ただでさえ下半身にもって行かれている頭の血がさらに薄くなり、顔面そうはくになる。
 もしトリスがいなくなれば、この屋敷は空中分解も同然だろう。トリスに代わるほどの人材は決して見つけられないと確信している。目の前の女中長の能力に全幅の信頼を置いていた。

(ときどき、よく分かんないところのある人だけど、一体どうしたものか………)

 考えようとして、まず気がついたのは、ウィルに選択の余地がないということである。
 ウィルの理性と性欲、それぞれから導き出された結論が完璧な合一を示した。

「分かった。――トリスに任せるよ」

 ウィルは腕を組んでトリスを見下ろしながら、いかにももったいつけて鷹揚にそう返事をした。少年の精一杯の虚勢である。もう自分でもどんな態度をとったらよいか分からなくなっていたのだ。

「ありがとうございます」

 トリスは、感極まったように、ぐりぐりとおでこを木の床にすりつけた後、すくっとトリスは長身を起こすと、深紅ののような満面の笑みをくちもとに湛えていた。
 そして浴室タオルを身体に巻き直すと、ウィルのほうを向き直った。
 その涼しげな美貌には、女中長よりも、女家庭教師ガヴァネスとしての一面が強く顕われている気がする。トリスはもう赤い唇かられる吐息を隠そうとはしなかった。なめらかな白いやわはだを薄皮一枚へだてた下には、乳母ナニーとしての温かさや余裕が感じられなくなり、匂い立つ雌の情欲がぐるぐると渦巻いている。

「――では、まず、せっぷんからいきませんか?」

 ウィルは、「紅茶にしませんか」と言ったのかと、聞き間違えたのかと思った。そのくらい自然な成り行きであるかのように口にした。
 長身の女の額は、木の床で擦ったためか、おでこがわずかに赤くなっていた。それ以上に赤いのが薔薇の花弁のようなトリスの唇である。

「接吻? 接吻ってあの……?」

 もちろん接吻がなにをするものかなどウィルは知っている。

「はい。お互いの唇や舌を絡め合い、唾液を交換しあう――あの接吻です」

 思わずウィルはトリスの熱い吐息の漏れる唇をまじまじと見つめた。

「基本中の基本で、意外に奥が深うございますよ」

 トリスは、れて光る唇を左右に釣り上げて、ほほむ。

「う、うん。教えて――」

 ウィルは素直にそう答えた。
 もう何でもいいから、この下半身の猛りを解放したかった。
 ウィルは、トリスの並びの良い白い歯の覗く唇を見つめる。
 目の前の紅薔薇べにばらのような女は、たしか三十近い年齢のはずだがしおれる気配をじんも感じさせなかった。
 それどころか、年を追うごとにより濃密な芳香を放つように思った。
 ウィルの胸がどんどんと高鳴る。ウィルはこのままトリスと口づけを交わすのだと思った。
 しかし、すっとトリスは片手を上げて制すると――

「わたしのようなとしがご主人さまの初接吻を頂くのは分不相応にございます」

 そのままソフィアのほうを指さしたのだ。

「この、ご主人さま自ら選ばれたぎんろうぞくの処女なら、申し分ないかと――」

 ソフィアはぎくっと肩を震わせた。

「ソフィア。あなたは以前に口づけを交わしたことがありますか?」
「……わ、わたし? 口づけの経験? な、ない。ないな…………」

 ソフィアはぎくしゃくと答えた。

「よろしい。さあ、ご主人さま。この少女を自分の色に染めましょう。口づけはそのための第一歩ですよ」

 トリスは少年の背中を少女に向けて軽く押し出した。
 少年の足は性欲のはけ口を求めて、一歩前に踏み出す。もう少年の理性は擦り切れていた。

「ソフィア。いいかな? いいよね?」

 ウィルは、鼻息を荒くして、下着姿のソフィアににじり寄る。

「………え――え?」

 ソフィアは思わず周囲を見回したが、脱衣場の壁が見えるだけで自分の助けになりそうなものは何も見当たらない。
 ウィルはズボンのうえからはっきり分かるくらい股間を膨らませていた。

「あ!」

 ソフィアは短い悲鳴のような声をあげる。
 ウィルが乱暴に少女の二の腕を掴んでしまったのだ。

「ご主人さま――女はそんなふうに扱うものではございません」

 横から響くトリスの声が、ウィルを押しとどめた。
 固まるウィルの手は、トリスによってソフィアの二の腕の上あたりに移動させられた。
 そうすると肩に腕を回された女が、自然に男に向き合う体勢となる。

「女性は優しく扱うものです。女なんて正しい手順で扱えば、ご主人さまの言うことを犬のように何でも聞くようになるのですから――」

 さりげなくトリスの女性観が凝縮された言葉は、緊張する二人の耳を素通りした。
 ウィルとソフィアの視線が絡み合う。
 さらさらと良い匂いのする銀色の髪、鼻梁はすっと通っている。草原の狼のように毅然としていた少女が、身体を隅々まで洗われて、慣れない衣服を着せられて、肩を抱かれて、ウィルのほうを心配そうに上目遣いで見つめている。
 ウィルはなにかを言わなくちゃと思った。

「君にはこれからぼくのものになってもらう。その代わり君の妹はかならずぼくが見つける。そう誓うよ――」

 ソフィアはじっとウィルの瞳を見つめた後、首を縦に振った。

「目を閉じなさい。殿とのがたに唇を吸ってもらう女のマナーですよ」

 トリスがそう言うと、ソフィアは覚悟を決めたかのようにぎゅっと目を瞑り、くっと小さな顎を上げた。
 薄桃色うすももいろの唇を差し出す少女は、清らかさとともに、どことなく神殿娼婦しんでんしょうふに通じるような神性しんせいと紙一重のところで禁忌きんきに触れるみだらさを感じさせた。
 唇と唇が触れあう。唇は温かかった。
 どうしていいか分からずに、唇をただ強く押しつける。そのたびにソフィアの唇が形を変える。
 より唇の感触を味わうために吸盤のように唇を強く吸いあげた。
 しばらく唇の感触を味わっているうちに、顔の角度をずらして唇を交差させたほうが、より深く密着させられることに気がついた。
 息が切れるまで唇を吸い続け、そして離した。
 お互い唇のまわりを唾液で濡らしながら肩で呼吸をしていた。

(まだ、ぜんぜんし足りない……!)

 ウィルはソフィアを引き寄せるように抱きしめた。
 少年の腕の中に下着姿の少女の小柄な身体が収まる。
 そうするとぼっしたウィルの男根の膨らみを下腹部で受け止め、ソフィアは肩をそば立たせた。

「ご主人さま。今度は舌を入れてみましょう」

 ソフィアの戸惑いを無視して、トリスは次のステップへと誘導した。
 吸い寄せられるように唇が触れあい、ソフィアの口腔へと舌を差し入れた。

(すごい……!)

 伸ばした舌全体が異性の粘膜で包まれるのは初めての体験だった。より大きな刺激を求めて、ウィルの手がソフィアの尻と胸に伸びる。
 ブラのすきに指が差し入れられ、尖った乳首に触れた瞬間、ソフィアは少し顎を上げ、合わさった唇のまま途切れ途切れに身を震わせた。尻の谷間を指がったとき、ソフィアは唇を合わせたまま、腰が引ける。

「ソフィア。あなたは処女膜以外は捧げる約束をしたのでしょう?」

 トリスの言葉を聞いて、ソフィアは引けかけた腰をウィルに合わせるように元の位置に戻した。
 びくびくとウィルの男根が脈打っていることを股間のあたりで受け止める格好となる。
 乳首をいじっていた指が離れたとき、ソフィアは鼻で息を吐いた。それが二人の口許をすり抜ける。それで、ようやく鼻で呼吸をすれば良いと二人とも気がついた。
 ふくらみに乏しい胸の代わりに、ウィルは両手をショーツの内側に差し入れ、形の良い尻を思う存分みほぐす。

(な、なんてやわらかいんだ!)

 膨らんだいんけいを思う存分押しつけた。
 同時に、ソフィアの口腔を思う存分なぶった。
 唇と歯の隙間に舌を差し入れ、一本一本歯をなめていく。
 興奮が高まっていく。限界に近かった。
 押し寄せる刺激に耐えかねてソフィアが唇を離したところを、さらに唇で捕まえて、自身の唾液を流し込む。
 思ったよりも大量の唾液を送り込んでしまったせいか、ソフィアが困惑の表情を浮かべている。

「もらった唾液は飲むのがマナーですよ」

 嘘くさいトリスの言葉を信じたのか、やがてソフィアはこくりと喉を鳴らした。

(の、飲んでる!?)

 そのことがウィルの性感を一層高めた。少年の小さなお尻がぶるぶると震え、その震えが背筋へと伝わっていく。
 ソフィアの口腔に一際鋭く舌を打ち込み、尻肉を思いっきり掴み、腰を突き出した瞬間、

(――あああ! い、いくぅ!)

 ウィルの頭を真っ白い快楽が染まる。
 抱き合ったまま、ウィルの綿の下着のなかに濃い精が放たれた。
 ソフィアの男を迎え入れる器官のすぐそばで、精を送り出す男の律動を繰り返す。
 ソフィアの下腹に張りついたウィルのこわばりが少しずつ力を失ってかんしていく。

(き、気持ち良かった……)

 快感が収まった頃合いで唇を離すと、二人の間に唾液の橋が架かった。
 ソフィアは肩で息をしながら、唾液の垂れた顎を手の甲でぬぐった。
 少女は、慣れない行為によほど疲れたのか、よろけて壁にもたれかかる。
 まだまだ少女を味わいたかったが、少女の身体のほうが限界だと判断した。
 ウィルの呼吸が落ち着いたころには、トリスに手助けされながら、ソフィアは屋敷の女中服に着替えていた。黒のワンピースに、白いエプロンを身につけている。

「ふう。ようやく服を着られた」

 ソフィアはやれやれと首を振った。
 銀髪の少女は先ほどよろけたことを恥じるかのように、ぴんと背筋を伸ばして立っている。
 下着姿のときとは違って、少女らしい年相応の弱々しさが影も形もなくなっていた。
 女中としての仕事を覚えるのはこれからだが、外見だけなら、どこに出しても恥ずかしくないくらいの気品が感じられる。

「今日はもう部屋で休んでいいよ。疲れてるでしょ」

 そう言ったが、ソフィアはまだじっとウィルのほうを見つめている。

「ちゃんと約束は守るよ。心配しないで――」

 ソフィアはこくりとうなずいた。
 そして去り際に、「うう……。身体が熱くて落ち着かない……」と呟いた。
 銀狼族には、湯浴みをする習慣がなく、川で身体を拭うぐらいと聞く。ここまで隅から隅まで湯で洗われたのは初めてだろう。
 そして、性交に至らないとはいえ、同世代の少年の性欲をまともに受け止めたのだから、それにあてられたのかもしれない。
 脱衣所の扉がばたんと閉まると、なんだか熱情のいんが一枚の扉で遮断されたようで寂しい感じがした。
 それを見透かしたのか、

「――まだしたりないのではありませんか?」

 相変わらずバスタオル一枚を纏っただけのトリスがそう問いかけたのだ。


   ‡


「着替えないの?」

 ウィルがタオル一枚の女を見上げて、そう問いかけると、

「さきにご主人さまのお召し物を替えさせてください」

 主人の着替えを優先するのが当然とばかりに、トリスは答えた。

「え、僕の服?」
「まさか、おズボンのなかをそのままにして、お部屋にお戻りになるのですか?」

 たしかに、さきほど放った精液がべっとりと下着を濡らしていて気持ちが悪い。

「さあ」

 トリスはそう言って、長い脚を折ってかがむやいなや、ウィルの腰の皮革ベルトを掴んだ。
 獲物を捕らえるもうきんのような動きだった。

「え、ちょっと!」

 あっという間にベルトを緩めると、ウィルのズボンは膝の下まで降ろされてしまう。
 三十前の熟れた女がタオルを巻いただけの格好で、少年のズボンを剥ぎ取ろうとしているのだ。

「ま、待って。トリス!」
「ズボンまで染みるといけませんので」

 女は取りあわない。
 ウィルは、着替えを手伝ってもらうというよりは、半ば以上押し倒されて床にお尻をついた。
 トリスは、そのまま少年の両の足首から要領よくズボンを引き抜いてしまう。
 一瞬でズボンを畳み終えて篭に放り込んだ。
 長年ウィルの世話係を務めてきただけあって手際が良い。

(あわわわ……!)

 さらに、ウィルの同意を得ずに、パンツまで引き摺り下ろしにかかる。

「ひ、ひぃ」

 倒れたウィルの膝小僧に乳房を載せるようにして、パンツを引っぱるトリスの唇は、食虫植物の花びらのように毒々しく吊り上がっていた。
 ぽろりとウィルのものが露出ろしゅつした次の瞬間、ウィルは背筋を仰け反らせていた。
 精液にまみれたウィルの男性器を、女中長は唇に含んでしまったのだ。

(こ、これが例の――!)

 そういう行為があることは知識として知っていた。
 ウィルが貴族向けの寄宿舎学校に通っていたときに、学校の図書館の蔵書に遙か南方より伝わった性の教典を見つけた。
 男性の生殖器を女性の口であいする性の技巧の説明を読んで、ウィルはとても興奮した。
 一緒にそれを見ていた悪友は実家の女中メイドに無理矢理くわえさせたそうだが、ひっかき傷の残る顔で「あまり気持ちよくはなかった」と体験談を語ってくれた。
 だが――いま、

(むちゃくちゃ気持ちいいッ!)

 ウィルは背中のゆかに両手をついて、自身の股間の先端をついばむ女の舌づかいに、あごを反らしていた。
 トリスの腔内は、押しては引き、吸い付いては離れ、舌が別の生き物のようにうごめいている。
 口腔性交はいけないという教会の教える倫理観などは、頭の片隅から弾け飛んでいた。
 どんどん性感が高まって、このまま身を任せたいと思いかけた矢先――あっさりとトリスは口を離した。するとウィルの男性器はトリスの唇による固定を失って、びくびくと宙を彷徨さまよう。

「トリス……?」

 とうの先端を鼻先で嗅ぐような距離で、トリスは言葉を発するために口を開いた。

「ときには、こうして女中に咥えさせるのもおよろしいでしょう」

 トリスはウィルの膝の間で床板に両手を突くと、再び頭を下げた。

しょうトリス、ご主人さまの筆おろしを務めさせて頂けませんか」

 全てのお膳立てが整っていた。あとは、目の前の女中長の股ぐらに、猛り狂う少年の若い男性自身をねじ込むだけである。
 トリスはいつにないくらい強引であった。いまのウィルの男性器を口に含んだのにしても、いつも段取りをきちんと踏むトリスらしくなかった。

(ひょっとして……、トリスも我慢できないんだ。だから口で男性器を刺激して、ぼくにトリスを抱くように仕向けた……!)

 ウィルにとって、トリスとはマルクの屋敷にも相当する存在といえた。
 物心つかないころに実の母と死別したウィルにとって、母のようにも姉のようにも感じてきた。幼い頃からウィルに仕え、優しく、ときには厳しくウィルを教育した。だれしもが認める有能な女中長で、ことマルクの屋敷を象徴する存在といえた。

(――こんな女を従えることができたら、どんなに素晴らしいことだろう!)

 まず、ウィルの頭に浮かんだのは子どもっぽい支配欲であった。

(いや、待て待て。急いてはことをし損じる)

 ひとまず深呼吸をすることにした。

「ふう。ねえ、トリス――ぼくにとって屋敷の女とはどんな存在だと思う」

 そう言って、ウィルは話をずらした。
 すると、トリスは頭を下げた姿勢のまま、やや落ち着かなさそうにお尻をわずかに揺らす。

「そうですね……」

 トリスは少し戸惑うように首を傾けた。

「使用人とは、人を使用するという字義のとおりご主人様がお使いになられる道具です。なかでも女の使用人は――寝具の一種でもあると言えるでしょう。正しく扱えば長持ちしますし、次第にご主人さまの身体に馴染んで、温かく包んでくれます」
「おまえはぼくをあたたかく包んでくれるの?」

 トリスのことを『おまえ』と呼んだのはこれが始めてである。
 予期したとおり、ごくっとトリスの白い喉が鳴った。
 ウィルは上から虫眼鏡で覗くような気分でトリスの様子をじっと観察していた。

「もちろんですとも。わたくしを抱いたところで、何も面倒になることはありません。他の女と違い、避妊の用意もありますし……」

 ウィルの見下ろす先には、バスタオルを巻き、三つ指をついて平伏している女がいた。
 寄せられた深い胸の谷間を流れる汗の匂いが立ち上ってくるようだった。黒髪を後ろにまとめうなじが見える。そこは桃色に染まっていた。トリスの氷の彫像のような美貌は、いま、劣情の炎に熱せられ揺蕩たっているのだろう。
 身体はかすかに震えており、呼吸は隠しきれないほど荒い。

(間違いない……!)

 顔を上げたトリスの眼前に、男性器を誇示するかのように突きだし、やや乱暴にトリスの後髪を掴んだ。髪留めが外れて、ばさりと長いまっすぐな髪が垂れ落ちる。
 乱暴な振る舞いをして、ウィルの心臓は激しく脈打っていた。

「違うよね。トリスはぼくに抱かれたいんだ! 一度は僕の初めてをソフィアに譲ると決めていたのにアテが外れ、もう、トリスは他の女に譲るのが惜しくなったんだ!」

 なぜだかそれを的確に指摘することができた。

「あ、あああっ……」

 トリスは感極まったようなか細い悲鳴をあげた。
 ただでさえ感情を表に出すことの少ないあのトリスが、責められる快感をあらわにしていた。
 それを見てウィルはぞくぞくとした心の震えのようなものを感じた。
 性根の素直なウィルの心にも少しくらいは偏執的な部分が存在する。
 女中長の心を抉るという思いつきに身を任せることにした。それはウィルの嗜虐心という痩せた心の土壌に大量の化学肥料をぶちこむ結果となった。

「ぼくのことが好き?」

 ずばりと聞いた。

「も、もちろんですとも! ――使用人としてお慕い申し上げています」
「使用人として? 違うだろ。本当のことを言ってごらん。心の内をさらけ出してみなよ」

 蛇が蛙をにらむような顔でウィルはそう言った。
 自分でもそんな芸当ができると思っていなかった。

「ひどいおかた……」

 潰れた蛙のような姿勢のトリスが身を震わせてそう呟くと、白い太ももをつうっとひとすじの透明な液体が零れ落ちた。それは無色透明だったが、汗よりももっと濃厚な女の匂いを予感させた。

「ずうっとお慕いもうしあげていました」

 トリスはずうっとを強調して、なぜかそこで軽く舌舐めずりした。
 どこか、交尾した後の雄を食い殺す雌蟷螂のように、「お慕いしている」と「美味しそう」が両立している気配があって怖かった。

「服従の証として、わたしのどろどろとした醜い欲望をさらします――ご主人さまの性器をお吸いしたのはさきほどが初めてではありません。乳母としてお仕えしていたころにも、主人さまのことが好きすぎて、性器を口に含ませていただいたことがございます。わたしは、いまも昔も、ご主人さまへの欲望を抑えきれない変態にございます」

 ウィルはトリスのあまりに斜め上な告白を聞いて、ぶっと喉を詰まらせた。
 だが、淫らな乳母に生理的嫌悪感を感じないでもなかったが、この屋敷を支えている女中長に跨って征服してやりたいという欲求のほうが遙かに勝っていた。

「なら、ぼくに生涯変わらぬ忠誠を誓ってよ。女中としても、ただの女としてもだ。そうしたら抱いてやる」

 ウィルは心臓が止まりそうなくらい緊張して、固唾を飲んで見守った。
 ウィルの言葉に、目の前の四つん這いの肢体がぶるぶると心配になるくらいに身を震わせて、バスタオルが脱げ落ちた。真っ白な背中が露わとなる。
 そして、静止した時間が流れた――

(もしかして、失敗した!?)

 トリスの沈黙がひたすら怖い。
 ウィルは先ほどトリスが『お暇を頂きとうございます』と言っていたのを改めて思いだしていた。

「トリス?」

 ウィルがやや上ずった声で呼んだとき、

「――女としても使用人としても生涯変わらぬ忠誠を誓います」

 トリスが一言一言はっきりとそう口にしたのだ。

「……よ、良かったァ」

 それを聞いて、ウィルは心底安心したのか、床に背中をついて手足を伸ばす。
 一方トリスは何かの余韻にひたっているように見えた。

「ど、どうしたの?」

 ウィルがそうたずねると、トリスはまるで小娘であるかのように照れてみせた。

「――達していたんです……。ご主人さまの言葉の愛撫があまりにお上手でしたので、つい、じっくり味わってしまいました」

 寝転んだ低い姿勢からトリスの下腹を見ると。白い太ももの付け根のあたりが、べっとりと濡れているのが見えた。
 ウィルは、ふと、肌に感じる木板の硬さと冷たさを意識した。ここだと身体が痛めるし、風邪をひいてしまいそうだった。

「もし宜しければ、これからご主人様のお部屋に招待していただけませんか」

 同じことを考えていたのか、トリスがそう言ったのだ。


◇ 屋敷の女性一覧 ◇
女中長   1人 (トリス△)
蒸留室女中 2人
洗濯女中  6人
料理人   1人
調理女中  4人
皿洗い女中 2人
酪農女中  3人
客間女中  1人
家政女中 12人
雑役女中  8人
側付き女中 1人 (ソフィア△)
    計41人
お手つき  0人 (済み◎、途中△)




第六話「閨の教育係」へのコメント:
コメント入力のお願い
Twitterログイン後、本文中の行をクリックすることで直接行にコメントがつけられるようになっております。
書いている著者自身がWeb版/同人Kindle版/商業版の各バージョンの違いで混乱しているものでして、もし読んで気になる点や誤字脱字などございましたらご指摘願います。
↓ クリックするとTwitterログイン画面に飛びます ↓
コメントのお礼に特典小説もご用意しております。