ページ
先頭
総コメ: 1
展開畳む(行コメ:1件)
ページ
末尾
第四話「奴隷の丘に立つ少女」

 百万ドラクマの女が売られている場所は、さきほどウィルがうっかりと壁に耳を当てた、ひときわ大きな丸い天幕ユルトであった。
 外周をぐるりと伝っていくと、入り口は人だかりで埋まっているのが見えた。
 百万ドラクマの値札がついているだけあって人々の関心も高いようである。
 近くの看板には、『希少な銀髪の山岳民族。売値百万ドラクマより』とだけ書かれていた。
 ウィルはその短い説明を読んで興奮した。
 銀髪の山岳民族という条件に合致するのは――ぎんろうぞくしか思い当たらない。
 銀狼族とは、北西の国境を越えた山岳地帯に暮らしていた少数民族のことである。
 銀狼族は、野性の狼のような光り輝く銀髪と琥珀色アンバーの瞳が特徴的であり、また銀狼の名を冠するに相応ふさわしい勇猛さで知られている。
 近年、王国軍は銀狼族の村を滅ぼした。その際、たかだか千に満たない少数民族の村を根絶やしにするのに、千を超える兵士が死傷したという。

(それにしても……前のノッポたちが邪魔だなァ)

 ひとがきにところどころ混ざる、黒いスーツを着た背の高い男の背中が、ウィルの視線を阻んでいた。身なりから、誰かの使用人――おそらくは従僕フットマン従者ヴァレットであろう。
 金持ちの雇っている使用人だけあって無駄に背が高い。その理由は単純で、背の高い使用人を連れ回していたら見栄えがするからである。
 上流階層が使用人を雇ったり昇進させたりする際に、背の高さは重要な判断材料になるのだ。

(父さんのところも、背の高い使用人ばっかりだしな)

 馬鹿馬鹿しい話ではあるが、トリスが女中長ハウスキーパーとして伯爵に絶大な信用を勝ち得たのも、背の高さを評価しての部分が少なからずあるとウィルはにらんでいた。良い悪いではなく、父親に限らず、貴族自体がそういうものの考えかただから仕方がないとウィルは思っていた。
 結果として、王都に住む伯爵の周辺には、見栄えを優先して男の使用人が多く集められ、ウィルの住むマルク領の屋敷には女の使用人が多く集まるという棲み分けがいつのまにかできてしまっていた。

(うう、見えない……)

 ウィルはぴょんぴょんと飛び跳ねてみたものの、高い背に阻まれてなかなか銀狼族の女の姿を視界に捉えることができずにいた。
 こんなときには、まだ背の伸びきらない我が身が恨めしくなる。自分を肩に担ぎ上げてくれる逞しい奴隷の手を借りたくなる。トリスなら自分を肩に担げるかもしれないが、慌ててその想像を打ち消す。さすがに、この歳になってレディに肩車されるのは恥ずかしいだろう。
 たまたま近くにあった木箱に乗っかり、ぷるぷると震えながらつま先立ちになって背筋を伸ばすと、ようやく――

(――見えた……!)

 人だかりの中心にいる女性の髪は、日に照らされて鋼のように輝いていた。女は首の後ろに両手を回して長い銀髪をかきあげ、後ろに背を反らして豊満な肉体を見せつけていた。
 遠目に見てもたしかに綺麗なことは分かるが――

(あれ? なんか思っていたのと違うような……)

 女は盛んに胸や尻を振り、近くにいる男の顎を触るなどボディタッチを繰り返していて、どうも振る舞いに品が感じられない。
 たしかに輪は盛り上がっているのだが、どちらかというとうわさに聞く、場末のストリップ劇場さながらという感じである。

(とにかく、近くまで行ってみよう……!)

 さきほど壁に耳を当てたときに、天幕の壁材が柔らかい材質でできていることに気がついた。
 ウィルは恥もがいぶんも捨てて、壁と人垣の間に身体を押し込んだ。
 そうして、少年はずりずりと顔や服を引っ張られるようにして、すきうように割り進んでいく。

「ちょっと! 押さないでったら!」
「坊主! 順番を守れ!」

 ときおり聞こえる罵声を無視して人混みを掻き分ける。
 ようやく銀髪の女性の姿をじっくり観察できる入り口付近へとたどり着いた。
 女の髪は文字通りの銀糸で、腰のあたりまで伸びていた。足はすらりと白く長く、女性にしては背が高い。胸は南瓜か西瓜のように大きく迫力がある。トリスに体格が似ているが、女のほうが乳房は大きいだろう。
 だが、トリスのような気品は一切感じられない。ウィルはこれなら見ないほうが良かったと落胆していた。
 銀狼族には、その名と伝説の通り、野性の狼のように人に媚びない気高い存在であって欲しいと思っていたからだ。
 女は淫魔のように、集まっている人々を誘惑している。
 いま銀髪の女は、鼻の下を伸ばしているあご髭の中年男性に狙いを定め、毛深い男の腕に胸をなすりつけ、盛んに天幕の入り口のほうへと誘っていた。入り口をのぞけば、そこにはてんがい付きのごうしゃなベッドが置かれているのが見えた。
 誘われた中年のあご髭は鼻の下を伸ばしながら難しい顔をして悩んでいる。

(たしか、売春の相場はだいたい売値の十分の一くらいとトリスが言っていたかな)

 百万ドラクマの十分の一だと十万ドラクマ。
 それだけで、さきほど悲愴な顔をしていた赤毛の奴隷が買えてしまう。

(ははん。狙いが分かった気がするぞ)

 ウィルは歳に似つかわしくないニヒルな笑みを浮かべた。
 最初からこの女は売春で稼ごうとしているのだ。

(それにしても、こんなに囲んでいる人がいっぱいいたら、天幕のなかに入っても衆人環視と同じなのではないかな……)

 このあご髭もそれなりに金持ちなのだろうが、百万ドラクマ払えるとはとても思えない。
 ウィルは人ごとのように心配する。
 あご髭の中年は、周囲の観客から「行け、行け」と盛んに煽られ、最後の決断を下すためにぎゅっと指を握りしめていた。
 きっと、それは一生後悔するような破滅の選択に違いない。

(なんか、もう見ていられない――)

 ウィルが踵を返そうとしたそのときに――うっかり足元の小箱を蹴飛ばしてしまった。
 小箱は中身が詰まっていないかのように、ころころと転がり、銀髪の女の足にかつんと当たって止まった。
 ぱかっと蓋が開き、中からきらきらと光る毛玉のようなものが転がり出る。
 次の瞬間、女の顔はそうはくとなり、頭を両手で押さえ、「ひぃっ!」と短い悲鳴を上げた。
 それから自身の銀色の房を手にとって、「あれ。ついてる」と呟いた。
 箱から転がり出た丸い毛玉――それは銀髪のウィッグだった。
 その様子を見て、人々が次々に叫びだした。

「おい! どういうことだ!」
「ちょっと髪を触らせてみろ」
「ひ、ひっぱらないで!」

 髪を掴まれた女が悲鳴をあげる。ずるりと鬘が脱げて、下から短い赤毛が見えた。

「なんじゃこれは!」
「銀狼族の生き残りというのは嘘だったのか!」
「百万ドラクマも騙し取ろうとしたのか。ふてえアマあだ」

 群衆が口々に罵声を浴びせる。

「お客様がた、わたしの奴隷に乱暴したら王国の奴隷法で罰せられますよ!」

 慌てて奴隷商人と思しき頭の禿げた小男が進み出た。

「なにを厚かましい! 俺たちを騙そうとしやがって」

 群衆の一人が小男の襟首を掴んだ。
 すると後ろから強面の男が現われて、「うちの主人に乱暴はやめてもらおうか」その手をひねりあげる。

「いてて! なにしやがる!」

 顔が接するくらいの距離で睨み合っていた。

(あ、まずい……)

 一触即発の雰囲気になっていた。

「この嘘つきめ!」群衆の一人がののしると、
「表の看板をみてください。わたしは一言もこの娘が銀狼族だとは言っていませんよ!」

 ウィルが思わず「あああ」と溜息をついた直後――ついに殴り合いが始まった。
 どうりで表の看板には説明書きが少なかったわけだ。ウィルも看板に釣られた口だから腹は立つ。
 たしかに嘘は言っていないのかもしれないが、奴隷商人の言葉は集まった群衆の怒りの火に油を注ぐ結果となっただろう。
 このまま騒ぎに巻き込まれては堪らない。

「よっと」

 ウィルはするすると柔らかい天幕の壁をよじ昇った。
 思ったよりも骨組みはしっかりしていて、幸いウィル一人乗ったくらいなんともなかった。
 上から騒ぎを見下ろしながら、最初は多勢に無勢で商人側が押し切られるだろうと思っていた。

「いてえな。てめえ、俺は関係ないだろ!」

 だが、どういう偶然か、同時多発的な喧嘩が勃発して収拾がつかなくなっていった。
 ウィルは周囲をぐるりと見回した。会場にはマッシュルームのように、あちこちに白い天幕がぽこぽこと生えているのが見えた。どこも大事な商品を傷つけられては堪らないと、天幕の入り口をふさいでいるところであった。
 ウィルは北の方角に足を向けた。その方向が一番静かだったからだ。


   ‡


『入り口からすぐ左手がうちのスペースです』

 結局、ウィルは赤毛の優男――ギュンガスに教えられた奴隷の仮置き場に来てしまった。
 このあたりは小高いなだらかな丘になっている。

『――あのなかに一人、生意気なのですか、力だけはやたらに強いのがいましてね』

 たしか、あの男はそんなことを言っていた。
 きょろきょろと周囲を見渡してみたのだが、大柄な男も見当たらない。それどころか、みな、枯れ木のような手足で地に倒れ伏して虚空を見つめている。
 あおけに倒れている子供の眼球に蝿が止まるのを見て、ウィルは顔をひそめた。
 歳はウィルに近いように思えた。だが、奴隷市場でのこれまでの経験が、その子が生きているのか死んでいるのかこれ以上想像することをウィルに放棄させた。
 あたりは生気のない、いまにも死にそうな奴隷がぽつぽつと壁や床に繋がれているのが見えるだけだった。
 この丘は歩いても歩いても、じゅうたんのように同じ模様が繰り返される。
 死体置き場モルグのように死臭すらただよっていて、背筋が薄ら寒くなる。

(そろそろトリスが心配しているかもしれない)

 丘の頂についた頃合いだった。
 前方を見渡すと、予想通り胸くそ悪い光景が展開されているだけだった。
 来た道を引き返そうとして、岩陰に隠れていた頑丈そうなおりがふと視界に入り、

(――――!)

 その檻のなかで、静かに天を見上げる少女の存在がウィルの足を縫い止めたのだ。
 少女は猛獣が入るような太い鉄格子のなかに閉じ込められており、鉄格子の隙間から空を見上げていた。
 少女は、両脚を鎖で繋がれながら、毅然とそこに立っていた。生気なく転がっている奴隷たちのなかで、少女の存在だけが異質だった。
 少女はひどい灰被りで全身煤汚れていた。肩の下まである髪は、特に灰だらけで鼠色にくすんで見えた。
 だが、まだ幼い。背格好からすれば、おそらくウィルと同じくらいの年齢なのだろうが、眉の上でまっすぐに切りそろえられた髪型は、少女を童のように幼く見せた。
 よく見ると顔のつくり自体は、はっとするくらい綺麗だった。

「何をしているの?」

 近づいて、ウィルがそうたずねると、

「立っているんだ」

 少女は思ったよりもはっきりした口調で答えた。
 鈴のように綺麗に通る声なのだが、口調はどこか無骨であった。

(立っている……?)
「どうして座らないの? しんどいでしょ」

 ウィルは素朴な質問をしたつもりだった。

「自分の大地に立っていられない人間は、天の恵みを受け取る資格がないというのが、一族の教えだからだ」

 さも当然という感じで少女は答えた。
 たしかに、少女がそこに大地をしっかりと踏みしめていなければ、ウィルは気がつかずに歩き去っていただろう。奴隷に身をとし、檻のなかに入れられても、少女は毅然とした意志の力を失ってはいなかった。

(へえ……)

 そんな少女に、ウィルはなにか手助けがしたいと思った。

「ぼくに、なにか手助けできることはある?」

 そう訊ねると、少女は首を振って、

「わたしは物乞いではない」

 そう言い返したのだ。
 なんという矜持であろう――
 決して人に媚びようとしない野性の狼のようだと、ウィルは思った。

「恵まれるのが嫌ならぼくと取引しようか。君はなにを差し出すことができる?」

 ウィルがそう言うと、少女はようやくこちらを振り向いた。はっとするほど綺麗な琥珀色アンバーの瞳が偉大な獣のように、ウィルを射貫いた。
 少女は突如、水気を払うイヌ科の動物のように、激しく髪を左右に振った。
 そうすると、少女の頭から大量の煤が舞い上がる。

「うっ、けほっ、けほっ!」

 ウィルはくちもとを押さえて軽く咳き込みながら、目の前に漂う煤煙を反対の手で振り払う。
 抗議しようとしたとき、目の前には銀髪が、さらさらと日の光を浴びて輝いていた。

「――ソフィア。わたしは銀狼族のソフィアという」

 ソフィアと名乗る少女の琥珀色の瞳が、ウィルのほうを頭の上から靴先まで興味深そうに眺め回したが、不思議とその瞳に打算の色がなかったので不快だとは思わなかった。なにらかの思惑はあるにしても、虫入りの琥珀石のような神秘的な透明感に包まれていたのだ。
 その視線は値踏みしているというよりは、ありのままを受け入れようとしているように見えた。

(銀狼族……! 本当にあの銀狼族なのだろうか)

 少年は濃褐色ブラウンの瞳を大きく見開いて戸惑っていた。

「ぼくの名前はウィリアム。マルク伯爵家の長男だ」

 ウィルはとりあえず、そう名乗る。

「来たのが、少年だとは思わなかった」
(…………?)

 ソフィアの言い回しはどこか妙だった。

「あなたがここに来ることは、あらかじめ予言されていた」

 檻のなかの生活で気が触れてしまう奴隷もいるという。少女もその類いだろうか。ウィルはそんなふうに眉をしかめた。

「おい。ちょっとまってくれ。いまわたしを気狂いだと思っただろう。たしかに急に信じてもらうことは難しいかもしれないけれど、わたしの妹が銀狼族の神巫かんなぎで、予言する力があるんだ」

 そんなことを急に言われても信じられるわけがない。
 だが、少女の透けるような琥珀の瞳には理性の光が宿っているように見えた。少なくとも狂人の目ではない。

「ぼくがここに来ること自体も、預言されていたというの?」

 こくりと、少女がうなずいた。
 ウィルはますます困惑した。

「わたしの望みは一つだけだ。妹を取り戻したい」

 そう言ったとき、少女の瞳の奥が、かっと、火打ち石でも打ち鳴らすように、金色にまたたいたように見えた。

「わたしは銀狼族のだ。一族の神巫を――妹を、守る義務がある」

 ウィルは、少女が銀狼族のなかで、なんらかの地位についていたのだろうと考えた。遊牧民のなにか祭事に関わるような仕事なのかもしれない。

「それに――予言の力を悪用されたら大変なことになる。しんの力を私欲に使ってはならない」

 この予言の力というのを、どう解釈してあげればいいか、どうにも捉えかねた。
 王国の軍隊を何度も撃退した銀狼族なのだから、たしかに、なにか不思議な妖術があってもおかしくないという偏見もあった。しかし、いくらなんでも未来など予言できるものだろうか。
 ウィルはじっとソフィアの顔を見つめた。少女は煤だらけとはいえ、目鼻顔立ちはすっきりとしていて、とても綺麗だった。そして奴隷の身に墜ちたにも関わらず、毅然としているのがいい。少女の思わず抱きしめたくなるような細い肩を見ているうちに、自然と心の芯に火が入った。

(予言の話はよく分からないが、妹を探してあげてもいいかもしれない……。ただし――)

 そこからウィルは自分の考えを言葉にした。

「君の妹を見つけてあげる。その代わり君はぼくのものになるんだ――」

 ウィルはこれほど自分のどろどろとした欲望をはっきりと口に出したのは、人生ではじめてだった。
 自分のものになるということは、この少女とウィルが裸でまぐわるということだ。ウィルの心臓がどきどきと高鳴る。
 言われたソフィアはどういう反応をするだろうか。少女は一度、すうっと深く息を吸い込んだ。そしてぎゅっと目を瞑った。奴隷に身を落とした少女が差し出せるものは自分の身体しかないようにウィルには思える。

「妹が取り戻したときに、あなたのものになろう――」
「ダメだ。先払いだよ。君はぼくだけの所有物になるんだ。身も心もね――」

 ぴしゃりとウィルが言い放つと、ソフィアは辛そうに唇を震わせ、少し心が痛んだ。
 しかし、ウィルは引かなかった。無条件に恵まれるのを拒んだのは少女のほうなのだ。
 ここでトリスの教えを思い出した。
 あのやり手の女中長は、意外にも『交易はお互いにとって公平な条件になるようにするべきです』と言っていた。
 少女の妹捜しはきっと大変だろう。何も持たない奴隷の少女と取引をするならば、これが公平な条件であろうと思った。

「この身を後であなたにささげても構わない――だが、いまこの身は純潔でなければならない。それがどういうことか証明するために、神子としての力を示そう」
「え?」

 ソフィアは足元の重りのついた鎖をひょいと掴むと、細い腕で左右に無造作にうーんと引っ張った。
 ウィルよりもきゃしゃな腕なのだ。むしろ、猛獣でも繋げそうな鎖をよくその細い腕で持ち上げたと感心したくらいだ。

「いや、無理だって……」

 ウィルがそう笑いかけたとき、ぱきんと音を立てて、鎖はあっけなく千切れた。

(ええ――! う、嘘だろう……?)

 もう片方の足の鎖もやはり簡単に引きちぎると、飛び散った鎖の破片が、ウィルの頬をかすめた。赤い血がたらりと顎の下まで伝う。

『――あのなかに一人、今回売り物にならなかったのですが、力だけは強いのがいましてね』

 赤毛の男が言っていた言葉を思い出す。

「しょっと……んぐぐ」

 そして、檻の鉄格子に斜めに張り付くと、細い両腕と足で突っ張るようにしてカーテンでも開けるように隙間を広げたのだ。
 檻の鉄の柱がぐにゃりとゆがんで、人が通れそうな隙間が生まれた。ウィルは唖然と口を開けた。試しに自分でも鉄格子を引っ張ってみたが、ぴくりとも動かなかった。見た目のとおりヤワな檻ではなさそうだ。

(こんな細い腕のどこにそんな力が……)

 この檻なら熊やライオンといった猛獣でも問題なく閉じ込めておけるだろう。それなのに容易く曲げてしまった。

「もう通れるだろう」

 ソフィアは檻の隙間から這い出すと、

「この腕力は、処女でなくなると失われてしまうんだ。だから、妹を見つけるまで、わたしの身体を捧げるわけにはいかない」

 そう呟いたのだ。


◇ 用語解説 ◇
従僕は給仕や荷運び、主人が馬車で移動する際の伴走などあらゆる雑事をこなす下級使用人職。女中に比べると給与水準が高く、雇う余裕のある家は限られている。屋敷の表側で働くため、背が高く見栄えが良いことも求められる。従僕として出世を重ねると、執事バトラーとして屋敷の男性使用人のまとめ役になるか、従者ヴァレットとして主人に近しく仕えるかで進路が分かれるようだ。
従者と同様、ウィルの父親の伯爵が王都のタウン別邸ハウスに連れて行ってしまったため、大貴族にも関わらずマルク領の屋敷には一人の従僕も残されていない。客間パーラー女中メイドが給仕を務めるなど従僕のいない穴を埋めているものの、力仕事を任せられる男手が慢性的に不足している。

銀狼族
マルク領から遠く北西に離れた山岳と草原地帯に暮らす少数遊牧民族。
銀狼の名前を冠するに相応しい美しい銀髪と、野性の狼のような琥珀色の瞳を身体的な特徴とする。先祖代々まじないの力が伝わっていると言われており、近隣の部族から敬われ、同時に恐れられてきた。
これまで攻めこんできた外敵を狼にたとえられるほどの勇猛さで、ことごとく返り討ちにしてきた。近年、王国軍の火力のまえにすべもなく敗退し、銀狼族の村は潰滅した。

銀狼族の戦士の長であり人並み外れた身体能力を授かっている。ソフィアの腕力は猛獣の檻の鉄格子さえも曲げてしまうほどである。清らかな乙女でなければならず処女を失えばしんの力も失うようである。

神から授かった予言の言葉で銀狼族に道を示す存在。ソフィアによると予言の言葉は百発百中だが、曖昧かつ不親切でそれほど万能なものでもないそうだ。と同様に処女を失えば予言の力も失うようである。



第四話「奴隷の丘に立つ少女」へのコメント:
コメント入力のお願い
Twitterログイン後、本文中の行をクリックすることで直接行にコメントがつけられるようになっております。
書いている著者自身がWeb版/同人Kindle版/商業版の各バージョンの違いで混乱しているものでして、もし読んで気になる点や誤字脱字などございましたらご指摘願います。
↓ クリックするとTwitterログイン画面に飛びます ↓
コメントのお礼に特典小説もご用意しております。