ページ
先頭
総コメ: 0
展開畳む
ページ
末尾
第二話「奴隷市場」

 回れ右をして帰ろうとする少年の足を、かろうじて青い性欲が引き止めていた。
 広場には赤茶けたいしだたみが敷かれている。その上に、とある商品がひしめいていた。
 人間である。男も女もいる。それも百や二百ではきかない。
 それゆえ、ここは奴隷市場と呼ばれている。
 短い黒髪の少年は、女を買いにここまでやって来た。

(屋敷とは違う世界だと分かっているつもりだったけど、まさかここまでひどいとは……)

 広場によどんだ風が吹き抜けると、ウィルはまだ幼さの残る鼻先を手の甲に押しつけた。

 奴隷市場は、まず臭いが違う――
 もし「人」が社会の最下層に触れたとき、最初に不快に感じるのは臭いであろう。
 石畳の通りに沿うようにして引かれたみぞは、黒い汚水で澱んでおり、猛烈な臭気を放っていた。ところどころ茶色いものまで浮かんでいる。汚れを吸った水が側溝そっこうへと流れ込む。汚れのもとは、犬でも洗うかのようにバケツで水を浴びせられている奴隷だ。
 衛生状態が悪いのか、げえげえと吐いている少女がいる。腹を下している男もいる。消化器官を裏返したかのように人に関わる悪臭が何でも揃っていた。

 つぎに、見た目が違う――
 服装はもちろん、歳や背格好や肌の色もばらばら。
 粗末な服の前がはだけているくらい誰も気にしない。男であろうと女であろうと。どうせ服は商談のたびに脱がされる。
 南方で捕らわれたのか、炭のように黒い肌もあれば、北方の大冷害で人買いに売られたのか、雪のように白い肌もある。逞しい肉体を誇示する巨漢もいれば、鶏ガラのような身体を細い手足で隠そうと震える少女もいる。

 そして、音が違う――
 奴隷市場はとにかくせわしい。引きずる鎖の音はひっきりなしで、すすり泣く声はとめどなく続く。絹割く悲鳴や、飛び交う怒号が木霊する。それらの音韻おんいんを整えるのはむち振るう硬質の破裂音である。
 それと同時に、行き交かう奴隷商人たちの威勢のよいかけ声や、上等な服を着た紳士ジェントルマン淑女レディたちの交わし合う陽気な笑い声が活き活きと青空に抜けていく。彼らは鎖に繋がれたものたちのことを同じ人間だと見なしていない。家具でも選びに来たかのように、「あれ」や「これ」を次々に指さしていく。
 ここは社会の上層と下層を繋ぐ接合点ジャンクションであった。


   ‡


「ウィル坊ちゃま」

 頭のすぐ後ろから落ち着いた女の声が聞こえ、少年は、はっと我に返る。
 慌てて振り向くと、ぬっと間近に白い鼻筋が見え、熟れた赤い唇が少年の鼻先を優しく触れた。

「わわ。トリス。驚かさないでよっ!」

 急に振り向いたのが自分だということも忘れ、ウィルは仰け反って抗議の声をあげる。

「あら……。これは失礼をしました。何度お呼びしても、一向に気がついてくださるご様子がなかったもので」

 マルク家の女中長ハウスキーパーを務めるトリスはそう言って、かがんでいた背をぴんと伸ばした。
 トリスの顔の横に垂らした黒髪が風に揺られている。後ろ髪は、バレリーナのように後ろに束ねた丸いシニヨンを形成しており、女の性格を表わすかのように一部の隙もなく微動だにしなかった。
 まだ手足の伸びきらない少年ウィルに比べると、トリスは頭ひとつ分は背が高く、女性のなかでもかなり長身な部類に入る。
 いつものとおり女中の黒地のお仕着せを身につけているが、いまは外出中のため、女中長であることを示すかぎたばがそのやわごしにぶら下がっていない。まだ三十の手前で、四十人から女中のいる伯爵家の女中長に選ばれるだけあって、こうしてりんと立っているだけで威厳のようなものが感じられる。
 実のところウィルは、不慣れな場所で、トリスがそばにいてくれたことに心底ほっとしていたのだ。
 だが安心すると、不埒ふらちなことを考える余裕も生まれてきた。

(相変わらずおっきいなあ。ごくっ――)

 ウィルがつばを飲み込んだのは、目の前に突き出された胸の膨らみに対してであった。女の肩はきゃしゃで、胴も細いので、なおさら膨らみが大きく見える。
 こうして改めて近くで観察すると、黒い布地をうっすらと乳首の突起が押し上げているのが見えた。なにせ今日は用事が用事なので、ウィルはいつも以上に女の身体を意識をしてしまう。

「ウィル坊ちゃま?」

 声をかけられてはじめて、ウィルはじっと凝視していたことに気がつき、慌てて視線を上げた。

「な、なにかな?」

 怜悧な女の顔がこちらに向けられていた。

(う……)

 じっとウィルに据えられている淡褐色ヘーゼルの瞳は、全てを見透かすようであった。
 いつもと違い、その優美な唇には赤いルージュが塗られている。

(ごくっ……)

 たったそれだけなのに、女との唇の距離を意識してしまう。

「もし気に入った女が見つかったら教えてください。すぐに交渉しますので」

 トリスは淡々とした口調でそう告げて、少年の意識を今日の用事へと引き戻した。

「……わ、分かったよ」

 改めて今日来た目的を思い出したものの、ウィルは戸惑っていた。
 上流階層の一員として、奴隷を手酷く扱う側に回るのも心が痛む。
 さりとて奴隷市場はおかしいと言い出すこともできない。マルク伯爵家も多数の農奴のうどの手によって農場経営を維持しているので、そのようなことを言える立場にない。
 いま、人が人として扱われていないこの奴隷市場で、自分がどのように振る舞うべきか、ウィルは態度を決めかねていた。


   ‡


 なんとはなしにウィルが周囲を見回したそのとき、

(あ……)

 斜め前方で自分と同じくらいの年頃の少女が、震える指先でボロ雑巾のような服の合わせ目を解いているところであった。
 おそらく奴隷商人に肌を見せろと言われたのだろう。
 ウィルは歳相応の少年らしく、つい食い入るように眺めてしまう。
 だが、少女の淡い乳房があらわになると、なんだか居たたまれなくなって反射的に顔をそむけた。
 すると、かすかな溜息が頭上から零れ落ちた気がした。
 頭の上を意識しながら、反らした視線の先を見るとなしに見て、少年は眉をひそめた。

(うわっ、あれはひどい……)

 ウィルと同年代とおぼしき少年が散歩中のペットのように引きずられているところであった。
 その少年一人きりが若い奴隷主に連れられており、いかにも思慮の足りない乱暴な扱いを受けていた。
 少年の両手は背中で拘束され、両の足も鎖で短く繋がれている。
 そんな状態で首輪に繋がった鎖が無理に引っ張られるものだから、鳩か鶏のように上体を前後に振りながら、つっかえつっかえ歩いている。
 見るからに嫌な予感がした。
 奴隷主はゲラゲラと笑っている。
 はしゃいだ奴隷主がさらに強く引っ張ると、少年は足をつまづき、宙へと投げ出され、硬い石の路面に頭から落下する体勢となった。

(危ないっ!)

 思わずウィルは歯を食いしばった。
 頭のなかで、ごつんと重たい音が響くのを感じ、生理的な恐怖に肌が粟立あわだつ。
 少年は――顔面で石畳を受け止めたまま、身体をくの字に折り曲げた姿勢で固まっていた。
 ウィルが緊張しながら見守っていると、やがてぶるぶると全身を震わせながら、どちら側にも倒れず、尺取り虫のように身体を起こそうと力を振り絞りはじめた。
 少年にとって、倒れないというのは何らかの意地だったのかもしれない。
 首だけで振り向いた奴隷主は、犬が棒にでもぶつかったような視線を向けていた。
 なおも、言うことを聞かない犬にするかのように首輪をぐいぐいと引っ張るものだから、せめてもの抵抗も虚しく少年は、ばたっと横向きに倒れてしまった。
 するとたちまち割れたひたいから吹き出した血が、どくどくと石畳に鮮やかな染みを作りはじめた。奴隷主に背を向けた少年は、世の中すべてを憎むようなすさまじいぎょうそうで、はあはあと荒い呼吸をついていた。
 ウィルは、一瞬、倒れ伏す少年と視線があった気がしてドキリとした。
 ようやく奴隷主がそばに寄って何やら不満そうにブツブツと呟いていた。
 奴隷主はまだニキビの残る顔で若かった。
 気の優しいウィルはすぐに手当てにかかるよう祈った。
 少年が血に濡れた唇をもごもごと動かすと、

(えっ……!? ちょっと?!)

 突然、奴隷主はげきこうし、少年が息も絶え絶えなのにも構わず、半狂乱になって激しく鞭打ちはじめた。
 鞭が赤い血を周囲に細かく飛び散らせる。
 やがて少年の手足がびくびくとけいれんしはじめ、それがウィルの背筋を一気に寒からしめる。

(ま、まずい。絶対やばい。やめさせないと!)

 意を決して、ウィルがその少年を指さし言葉を発しかけた――ちょうどそのとき、トリスの声がウィルの耳朶じだを打った。

「マルク家でも奴隷がつけ上がってきたらここに連れてきます」
(…………!)

 トリスがいつものように背を丸め、そっとウィルにささやいたのだった。
 ウィルの頭のなかは真っ白となり、何と言って止めようとしていたか、もう思い出せなくなくなっていた。
 マルク家においても、人を使うのは綺麗事ではないことを悟ったからだった。
 それでもウィルはぎゅっと両手を握りしめた。

(でも、でも!)

 青い正義感のようなものに駆られ、言葉を発するために一歩踏み出そうとした、そのとき――トリスの豊かな胸の膨らみがウィルの横顔に押しつけられた。
 すると、ウィルの視界がいまにも死に絶えそうな少年から、さきほど服を脱ぎかけていた少女のほうへと柔らかく押し切られた。

(あッ!)

 視線の先では、奴隷商人が後ろから全裸になった少女の淡い乳房を両手で揉みしだいているところであった。
 少女の下の毛はくすんだ金髪と同じ色をしていた。
 小太りの商人の鼻の下は伸びていたが、視線があらぬ方向をくるくると目まぐるしく彷徨さまよっている。
 ウィルはそれを見て、値踏みをしているのだと推測した。
 鶏がらのような少女のあばらの上には、形の悪い左右非対称な乳房がぶら下がっている。
 それに若干の興奮は感じたものの、少女を自分のものにしたいという感情は湧いてこなかった。

「いいや……」

 気がついたら、ウィルは無情にもそうつぶやきながら首を振っていた。
 なにもこの少女である必要はない。トリスの選りすぐったマルク家の女中たちに日常的に接していると目が肥えてきて、少女の女としての価値の低さを感じてしまったのだ。
 たしかに自分でも冷たいと思うが、心から欲しいのでないなら、この少女に対し責任を負うことはできない。
 ふと見上げると、正しい判断をしたと言わんばかりに、女中長がうんうんとうなずいていた。
 淡褐色ヘーゼルの瞳を細めるトリスに対し得体えたいの知れない恐さを感じる。
 だが、それについて深く考えるまえに――

「ああ! さっきの子は!」

 ウィルはいまさらのように思い出した。
 未熟な果実の放つ芳香に釣られて、瀕死の少年の危機を見過ごしてしまった。
 つい先ほど地に倒れ伏した少年がいた場所を馬車が通りすぎようとしていた。いままさに馬車にかれているのではないか危惧したが、少年の姿はどこにもなかった。
 石畳に残るのは血の痕跡こんせきのみ。
 ちょうどそこに清掃係と思しき男がバケツを持って現れ、ばしゃっと勢いよく水をかぶせた。
 水の流れが網目状に敷石の間を縫い、ちょろちょろと側溝そっこうへと流れ込んでいく。きれいに血の染みが洗い流され、あとにはなにも残らなくなっていた。

「奴隷市場は一期一会です。過ぎ去った奴隷のことなど、もうお忘れください」

 トリスの冷たく突き放す声がウィルの耳を通り抜けた。
 こうして哀れな少年は、いちまつの後味の悪さを残しながらウィルの人生から切り離された。
 石炭煙を含んだ風が、広い奴隷市場をぴゅうっと吹き抜ける。


   ‡


 ウィルの心は寂寥せきりょう感にとらわれていた。
 育ちの良い少年がはじめて下層社会の悲惨さに触れたのだから仕方がない。

(……ぼ、僕はどうするのが良かったのかな)

 ウィルの疑問が出口のない思考の迷宮を彷徨さまいはじめたとき、急に後ろから生温い風が吹き込んできた。

「どいたどいた!」

 続いて野太い怒声が響く。
 すぐそばから、がりがりと重そうな鎖の音が聞こえる。

「わ、わわ!」

 意識が内を向いていたウィルはたんにパニックにおちいった。
 かれそうになっていたウィルの首根っこがぐいっと後ろに引っ張られ、気がついたら顔が柔らかいクッションで包まれていた。
 黒い布地からぬくもりが伝わってくる。
 どくんどくんという心臓の音が聞こえ、それが妙にウィルを安心させる。
 同時に、汗と香水が複雑に入り交じった、くらくらする匂いにウィルの興奮中枢が刺激された。
 ウィルはトリスの胸の谷間に顔を埋めていた。やわにくすきから見上げると、

「気をつけなさい」

 トリスはぜんと顎を引き、ぴしゃりと言い放っているところであった。

「えらいすんませんな……」

 途端にしょぼくれたしわがれ声が返ってきた。背を向けるウィルからは見えないが中年の奴隷商人であろう。

「てめえ、迷惑かけやがって!」

 再び威勢のいい怒鳴り声がするや否や、ウィルの視界のすみを小柄な奴隷が転がった。奴隷の歯は折れ、口はまみれだった。
 ひっと首をすくめていると、

「……ウィル坊ちゃま?」
「え?」

 柔らかい皮膚を通してトリスの声が直に響いた。

「私の胸などあとにして市場をまわりませんか」

 いまさらながらトリスの大きな乳房を鷲づかみにしていることに気がついた。柔肉は両手の形に変形し、手の平から零れている。
 慌てて掴んだ乳房を離す。

「あ! ご、ごめんよ。トリス」
「ふふ。せっかくですから、もっと若い乳房をお選びください」

 トリスはさして気にした様子もなく、そうえんぜんほほみ、歩き出した。
 その後を追い掛けるウィルはやや歩きづらそうにしていた。

(ト、トリスのおっぱい、思わず揉んじゃったよ)

 柔肉を揉みしだいた感触は指先からすぐには消えなかった。
 目の前にはトリスのふっくらと丸みを帯びた尻が、高い位置で、歩くたびに左右に揺れている。
 大型犬の雌の尻に反応した、小型犬のような気分であった。
 男女の性交セックスというものが、自身のぼっした男性器を、あの張り出した尻のどこかにれるということは、知識として知っている。
 しかし、女の股ぐらがどのような構造になっているか、ウィルには具体的にイメージするだけの経験が足りなかった。




第二話「奴隷市場」へのコメント:
コメント入力のお願い
Twitterログイン後、本文中の行をクリックすることで直接行にコメントがつけられるようになっております。
書いている著者自身がWeb版/同人Kindle版/商業版の各バージョンの違いで混乱しているものでして、もし読んで気になる点や誤字脱字などございましたらご指摘願います。
↓ クリックするとTwitterログイン画面に飛びます ↓
コメントのお礼に特典小説もご用意しております。