ページ
先頭
総コメ: 0
展開畳む
ページ
末尾
第四十五話「旅立ち」

 屋敷の玄関を開けると、いしだたみの小道の先に馬車が見えた。

「おお」

 その小道の左右には、ずらりと女使用人が並んでいた。
 一番奥にはトリスの姿が見える。
 ちょっとしたサプライズのおもむきがあった。

「わっ。見送ってくれるんだ。みんなありがとう!」

 ウィルは、にこにこと嬉しそうにほほんだ。
 女たちは、そんなウィルに微笑ましそうにくすくすと笑みを向けた。
 ウィルは小道へと歩を進める。

「一応わたしも部屋つきなのに、一緒に行けなくて悪いわね」

 左から、そう声をかけてきたのは、金髪のさいえんレベッカである。
 ウィルのあとには、黒髪の・・・ソフィアと赤毛のマイヤが続いている。
 レベッカは、つむじが見えるくらい丁重に頭を下げた。癖のない金髪が垂れ下がる。
 元同級生がこうして見送ってくれることに、ウィルは奇妙な感慨を抱いていた。
 まだ若干、女中メイド服にぎこちなさが見えるが、元子爵家当主なのだから急には無理だろう。
 だが、こうしてウィルに頭を下げることに抵抗がないように見えた。
 ウィルには、この元同級生を、部下としても女としても完全に掌握しているという手応えがある。

「領地経営のほうは任せたよ」
「うん。任せて。必ずあなたの期待に応えてみせるわ」
(本当は旅に一緒に連れて行って、しっぽり楽しみたいのだけどね)

 レベッカは荒事には向かないうえに、の傷がまだ完全に癒えていないのであった。

「ご主人さま、どうかご無事で」

 右を振り返ると、ごうしゃな巻き毛の金髪が見えた。
 レベッカの姉アラベスカの声色には切実な響きが含まれていた。
 アラベスカには、ウィルにすがるしか道が残されていない。
 一応、乳母ナニーという肩書きは持っているものの、その実、ウィルの望んだときに股を開く女である。
 屋敷で一番大きい胸には、赤子のオクタヴィアが抱き抱えられていた。
 ずらりと並んだ女中たちを不思議そうに見つめている。
 もしウィルが旅先で客死でもしたら、この母娘は赤子ともども路頭に迷うだろう。
 そのため、赤子を胸に抱く女に、ご主人さまと呼ばれることに、ウィルは重圧を感じざるをえない。

(それでも、もう絶対手放さないんだけどね)

 アラベスカのなかは、大層、具合が良かった。
 悪い笑みを浮かべていると、横のケーネと目が合った。

「お待ちしております」

 胸の大きな黒髪の美人は、そう言って微笑んだ。
 ウィルの帰りを待っているのか、ウィルに抱かれるのを待っているのか、どちらにでも取れる言い方だった。
 ケーネは職人しつというか、はっきり言うと、少し頭のおかしいところがある。
 いくら美人でも、ある種のヤバさを感じる女性にはなかなか手を出しづらいのである。
 ヤバいと言えば、その横に、膝を折った姿勢のまま、もじもじと内股を摺り合わせている女がいる。

「ご、ご主人様。早く帰ってきてくださいよ。そうでないとわたし、わたし!」

 料理人コックのリッタであった。
 頭を下げた姿勢から見える金髪の首筋は、しっとりと汗でしめり、白い肌が桃色に上気している。

(な、なんで朝からそんなに切羽詰まっているの!)

 うっかりやくでも口にしたのではないかと思うくらい、さかっている。

「も、戻ってきたら相手してあげるから」

 ついウィルがそう言った瞬間、バネ仕掛けのように凄い勢いで顔が上がった。
 ショートの金髪が跳ねた。ぷるんと胸も震える。

「絶対ですよ!」

 外に出してはいけないような、ものすごい表情をしていた。

「あ、うん」

 思わず確約させられてしまった。

「……えへへ」

 声は可愛いかったが、理性を手放しているヤバさしか感じなかった。

「リ、リッタ。ウィル坊ちゃんの出立ですから……」

 痩せぎすの調理キッチン女中メイドのジューチカが、しきりに上司の暴走を食い止めようとしている。
 この黒髪のポニーテールの少女は、余計な苦労をしょいこむ学級委員長、あるいは上の暴走と下からの突き上げに苦しむ中間管理職のような立場に置かれている。

(苦労かけるねえ……)

 ウィルは心のなかでジューチカの評価をそっと押し上げた。
 それは、次にお手つきをする優先順位が上がったという意味でしかない。
 いまやウィルは、重要な女を手込めにしてしまうことに、何の疑問も感じていなかった。

「「行ってらっしゃいませえ!」」

 金髪を後ろに縛ったエカチェリーナと短い黒髪のフレデリカが左右から唱和した。
 歳が若いこともあって、女学生のような元気のよい声だった。
 なんとなく風呂場で見た、エカチェリーナとフレデリカのみずみずしい乳房を思い浮かべた。

(歳の近い子と一緒にお風呂に入るのも、なんかいいものなんだよね。ちらちらと恥ずかし気にこちらを見るのが可愛いし)
「ウィリアムさま。行ってらっしゃいませ」

 黒髪のツインテールの少女ルノアが、小さな背を折り曲げて淑女レディのような礼をとった。
 幼い少女が、精一杯背伸びしている様子を見るのはほほえましい。

「ウィルさま、お土産忘れないでねー。あたしチョコレート飲みたい」

 にこにこと笑って金髪の幼女ニーナがそうねだった。
 ウィルがつい甘やかして、風邪をひいた幼女二人にチョコレートの味を覚えさせてしまったのだ。

「! わ、わたしの分も!」

 慌ててルノアも飛びついた。淑女の仮面が剥がれ落ち、年相応の表情を見せている。

「こ、こらっ! そんな高級品飲ませてもらえるわけないでしょ!」

 ジューチカがそう叱りつけた。
 チョコレートは、貴族の飲み物であり、薬である。普通は、庶民の手には届かない。
 ウィルは苦笑をらしながら、横を通り過ぎる。

「ズルい。マイヤとソフィアだけズルい。わたしもレノスに行ってみたかったのに! 軍艦見たかった!」

 茶髪のアーニーが頬を膨らませていた。
 主人と一緒に都会に連れて行ってもらうことは、使用人の役得の一つである。

「子供じゃねえんだから。躾がなってなくて、すみません」

 そう言って、ジュディスがアーニーの頭を上から押さえる。

「とにかくご無事でお戻りを。屋敷の留守はうちらで守りますんで」

 ジュディスがそう言って、首をぼきぼきと鳴らした。
 洗濯ランドリー女中メイドたちとは、将来、洗濯屋を開業するにあたってパトロンになってあげるという約束を取り交わしてある。
 ウィルにはどうしても戻ってきてもらわないと困るだろう。

「できるかぎりのことはいたします」

 金髪で褐色の肌のシャーミアがそう言い添えた。

「命かけるっす」

 短い黒髪のレミアもそう追随した。

(命かけさせるような事態になってほしくないなあ)

 ウィルは心のなかで苦笑を漏らしながら、洗濯ランドリー女中メイドの前を横切ろうとした。

「……あ」

 三十手前の栗毛のブリタニーが片手を上げかけていた。

「ご無事で……」

 ウィルの頭をでたかったのかもしれない。上げかけていた手を引っ込めた。
 情勢がきな臭いことは十分分かっているのだろう。
 つい先日まで銃器を扱う訓練をさせられていたのだ。

「ご主人様ならきっと大丈夫ですよ」

 そう言って、黒髪のイグチナが自身の胸をぱんとたたいた。
 その拍子に三十を過ぎた一児の母の乳房が大きく揺れる。

「可愛い子には旅をさせろって言いますし。あら、使用人の分際で差し出がましい口を。ふふふ」

 イグチナはくすくすと笑った。
 としの女中たちの情は濃い。

(でも、せっかく男女の関係になったというのに、まだ子供扱いされるんだよね……)

 そこがウィルの納得のいかないところであった。

「ご主人様に、神のご加護がありますように」

 屋敷の修道女シスターヘンリエッタが、ぼそりと呟いた。
 陽の光は苦手なようで、眉の下あたりまですっぽりシスター帽をぶかに被って、指先で帽子にひさしを作りながら、上目遣いでウィルのほうを見上げている。
 シスター帽からはみ出した白髪が、陽の光に照らされて輝いている。

「日陰に入ってていいよ」

 白子アルビノの女はぶんぶんと首を左右に振った。

「いえ。お見送りだけは」

 ヘンリエッタは居場所と自分の役割を提供してくれたウィルに、とても感謝しているようであった。
 その結果、大して信心深くもない屋敷の修道女が生まれたのであるが、ウィルにとっては好都合である。

「良かったね。ヘンリエッタ」

 けいけんなフローラが少し涙ぐみながら、そう声をかけていた。

(え、なんで泣いてんの?)

 客間パーラー女中メイドフローラの心の琴線に触れたポイントが正確に掴めずウィルは戸惑った。
 ときおり女性は男が全く予想していたないところで感傷的になることがある。

「お帰りをお待ちしております」

 フローラはそう言って、金髪の頭を行儀よく下げる。
 身体のまえに重ねられた手が、気持ちを抑えるようにぎゅっとスカートを握りしめていた。
 それを見て、ウィルは改めて責任の重さを感じる。
 ウィルにとってフローラは女中の一人だが、フローラにとっては身をささげると誓った唯一の男なのである。

「うん。フローラありがと。ヘンリエッタも修道女として・・・・・・女の子たちの心のケアを頼んだよ」

 ヘンリエッタは黙ってうなずいた。
 信心の足りない修道女は、ウィルの道具に徹することに迷いがない。
 黒髪のチュンファ、金髪のルーシー、赤毛のデイジーなど、雑役女中オールワークスの頭が次々に垂れ下がる。

「ご無事で」
「行ってらっしゃいませ」

 同じ顔をした栗毛の双子が、左右から声をかけてきた。
 当初、リサ・サリを連れて行こうかとも悩んだが、トリスに言わせると、この蒸留室スティルルーム女中メイドは屋敷の外では借りてきた猫のようになって、大して情報収集の役に立たないそうであった。
 そして、馬車の前に立つトリスが微笑んだ。

「どうです? 順番に一人ずつ口づけなどされていきませんか? 軽く胸や尻の感触も確かめながら。まだ唇も吸ってない女中もいることですし」

 トリスの言葉に、まだお手つきをしていない雑役女中たちの視線が一斉に集まるのを感じた。

「や、やめとくよ! 馭者長ヘッド・コーチマンを待たせるのも悪いし」

 トリスの提案に、心惹かれないでもなかったが、馭者長は白熊のようにずんぐりした白髭の老人である。
 職務に忠実な温厚な老人で、めったに口を開かないが、怒らせたら怖い印象がある。
 それに、女中たちがせっかく好意で見送ってくれているのに、その好意につけ込むようなことをしたくはない。

「そうですか……大丈夫ですのに」

 トリスはとても残念そうに肩を落とした。

「また今度。また今度ね」

 ついウィルがそう言うと、トリスはにっこりと微笑んだ。

「次の機会には是非。わたしは屋敷を離れることはできませんが、ご主人様、どうかご無事で」

 トリスはそう言うと、ウィルに向かって片足を軽く折り、もう片足を一歩内側に近づけ、スカートの両側を軽く摘まんで深く頭を下げる。
 すると、一斉にほかの女たちもそれに倣った。
 スカートのすそから、レースの白い飾り模様が顔をのぞかせる。
 カーテシーのポーズで膝を折るのは、地に膝こそつけないものの、跪こうという意思の表明である。
 街路樹に花が咲くように、総勢三十一名の女たちのスカートが一斉に持ち上がられた。
 そのなかにはウィルが花を散らした女も多く含まれている。
 そのとき気持ちの良い一陣の風が吹き抜け、女中たちのスカートを軽くはためかせる。
 みな示し合わせたように、白の長靴下を履いていた。
 壮観であった。
 思わずむらむらと来てしまった。必ず帰ってこようと思った。

「みんな行ってくるからね!」

 ウィルはそう言って、馬車に乗りこんだのであった。


【第二部完】




第四十五話「旅立ち」へのコメント:
コメント入力のお願い
Twitterログイン後、本文中の行をクリックすることで直接行にコメントがつけられるようになっております。
書いている著者自身がWeb版/同人Kindle版/商業版の各バージョンの違いで混乱しているものでして、もし読んで気になる点や誤字脱字などございましたらご指摘願います。
↓ クリックするとTwitterログイン画面に飛びます ↓
コメントのお礼に特典小説もご用意しております。