ページ
先頭
総コメ: 0
展開畳む
ページ
末尾
第三十二話「内覧会」

 マルク家の屋敷の内覧会オープンハウスは盛況であった。
 一万ドラクマの参加料をとった上に三日間ぶっ通しで行なう気合いの入りようである。
 机の上に積まれた封筒の山にウィルは唖然としたものだ。
 高額の参加費をとったにも関わらず、抽選をしなければならないほど参加申し込みが殺到した。どうせなので小麦の商いに関連しそうな商人を中心に選考している。
 抽選に漏れた参加者からは、すでに次回の開催要請まで入っていた。
 急速に進む工業化にともなって、豊かな中流階層が数多く育っていたのだ。
 なんとか貴族社会に食い込もうとする新興成り金にとって、マルク家の内覧会はちょうど渡りに船であった。
 言ってみれば時代の変曲点のような催しなのかもしれない。
 ウィルは大きな鏡に自身の姿を映して、仕立て直したズボンの履き心地に満足そうな笑みを浮かべていた。
 ウィルは自身の濃い黒髪ブルネットの短髪を櫛で整えながら、最終確認を行なっている。
 鏡に映る顔は鼻筋も通っており、見ようによってはそれなりに見られなくもない。
 今回のホスト役として一番大切なことはいかにも貴族らしく見られることで、正装をして背筋をピンと伸ばして落ち着いた立ち振る舞いをすれば――ただそれだけで十分であることに自信を持ち始めていた。
 だが、華やかさでは隣の女性に見劣りすることを認めないわけにはいかない。
 白いドレスを着たムーア家の子爵が着飾り、金糸のような長い髪を整えているところであった。
 癖一つないレベッカの金糸をいているのは、巻き毛の金髪のフローラであった。
 雪のように白い肌に金髪で、背格好をちょうどウィルと同じくらい。二人の容姿は共通する部分が多い。

「レベッカとフローラって、なんか姉妹のようだね」
「それはみなに言われる。わたしのほうが年下なのに、姉のように思われるのも奇妙な感じがするわね」

 レベッカはそう嘆息した。
 フローラの容姿は客間パーラー女中メイド向きの人好きする可愛らしさがあるが、レベッカはどこか人を寄せ付けない冷たさがある。

「そもそもわたしは次女なのよ」

 ふいにレベッカがそんなことを呟いた。

「あれ? レベッカ、お姉さんいたの?」
「侯爵家に嫁いだ姉が一人いるわ。姉は当主向きではなかったからチルガハン侯爵家にもらわれたの。そのころにはもう家計が火の車で、持参金なしで嫁いだものだから先方との関係が難しくなっているみたいね。おまけにいよいよ実家も没落寸前となったら……」

 レベッカはふうっと溜息をついた。ムーア子爵家にもお家事情があるようであった。

「わたしのほうが胸ちっさいから妹に見られるのでしょうか。これでも割と自信あったのですか」

 フローラが空気を和ますためか、それとも天然なのか、レベッカのより大きな乳房と見くらべながら、少し哀しそうに自身の形のよい胸に手を当てて苦笑いを浮かべていた。

(ちょうどレベッカとシャーミアが同じくらいか……)

 ちらっと、足元に跪いてウィルの靴を磨いている褐色の肌のシャーミアの大ぶりの胸もとに視線をやった。
 白銀の髪をもつこの女中は、あっというまに客間女中の仕事を覚えてくれた。
 これだけ多くの客を迎えるにあたって客間女中の数が全然不足していたので、他の部署の女中を臨時の客間女中としてあてがっているのである。
 腕を下に伸ばして、その大ぶりの乳房をたぷんと掬い上げてみせたが、肌を合わせたこともある白金頭の女中は特に何の反応も示さなかった。
 洗濯ランドリー女中メイドはウィルから少々理不尽に扱われることに慣れていたし、内覧会の期間中はいちいちそんなことを気にしてられないほど忙しさなのであった。
 今日は、これだけ屋敷に知らない顔があったのかというほど見慣れない顔が多い。
 普段、屋敷の表側で見かけることの少ない家政ハウス女中メイドに接客に当たらせているためであった。
 家政女中なら普段掃除をしているだけあって屋敷の表側の空間にも慣れている。
 ウィルの部屋付きのマイヤやソフィア、元から客間女中のフローラ、家政女中、あとは女中長ハウスキーパーを除いて、裏方の女中が屋敷の表側の空間を出歩く機会は少ないのであった。

「でも本当に良かったの? 部屋で寝ていても良かったんだよ?」
「三日も引き籠もっているのは負けたみたいで嫌よ。潰れかけの貴族でも正々堂々としているわ。中流階層に舐められてたまるものですか!」

 ウィルの言葉にレベッカは反発するように答えた。
 ちょうどタイミングがタイミングだったこともあって、没落寸前の子爵家の当主がマルク家に囲われていることが、目玉の一つのように扱われている。
 来場客はレベッカを一目見たいと思うだろう。
 いまのところ、小麦価格は三十八ドラクマ。
 あと八ドラクマ。期限は残り十日。伸るか反るか境目である。気が気でないだろうに。
 いま、屋敷のなかは、女中メイドたちがひっきりなしに動き回っていた。
 料理人コックのリッタなどは、朝から晩まで休む間もなく大忙しである。
 今日のマイヤは調理キッチン女中メイドとなって腕を振るっている。
 マイヤはにぎやかなのが好きなようで、もの凄いエネルギーで働いてくれている。厨房は特に熱が籠もるのか、休憩時間にはバケツに足を突っ込んでへばり、舌を出すようにして呼吸をしているほどである。
 ウィルのほうも忙しい。一時間あたりざっと五〜六人のゲストと、入れ替わり立ち替わり話をしなければならない。
 マルク家に来る客は、生活様式ライフスタイルを何から何まで真似したい上流階層好み、あるいは、なんとかウィルに自分の娘を娶せたい親娘づれであった。
 応接室ドローイング・ルームで簡単な挨拶を済ませる。
 晩餐室ダイニング・ルームで肩の凝る夕食をとる。
 舞踏室ボール・ルームでやってきた中流階層の令嬢たちと一曲踊る。
 もったいぶって貴族家の歴史について語ってやる。何が楽しいのか壁にならんだ貴族家の家系図や肖像画の説明をすると、参加客は意外なほど熱心にそれに聞き入った。
 マルク家の豪華な浴室も好評であった。
 生活様式を真似したい中流階層にはトリスの出番である。
 ウィルは、トリスの耳打ちに従って、中流階層により貴族らしく見せるための金言を授ける役回りであった。
 トリスは舞台裏で、中流階層の執事バトラー従者ヴァレットを相手にお屋敷の設備品について説明会を開いていた。
 贔屓にしている商人を呼んでおき、仲介料がマルク家の懐に入る仕組みである。
 最も多く契約の交わされた品目が一番手軽な数万ドラクマの肖像画であった。
 一方、自分の娘を娶せたい親娘づれにはギュンガスの出番であった。
 ウィルは目が回りそうになりながら、多くの女性のダンスのお相手を務めた。
 ギュンガスの耳打ちに従って熱烈に令嬢を褒め上げた。
 やることは基本的にそれだけである。

「さ、ウィリアム様。あのトカゲ顔の令嬢のドレスを褒めてきてあげてください」

 ギュンガスの言葉で前を見ると、極端に顔が細く、目がヒラメのように左右に離れた女性が、ぎこちなくウィルにほほみかけていた。
 ウィルは、やや引きった表情でさっと手をあげて微笑み返した。
 白いドレスはクリノリン・スタイル――針金や鯨の髭で輪を重ねた、提灯のように膨らんだドレスを着ている。
 このスカートの膨らみが家を背負う女性としての重々しさや母性を象徴しているようである。
 だが、時代による流行り廃りは大きい。

「ねえ、ギュンガス。あのドレスやりすぎだよ」

 ウィルはそう溜息をついた。
 クリノリンス・スタイルのドレスには劇場に行ったものの、スカートが邪魔で座れなかったといった類いの笑い話がたくさんある。

「だからこそです。本人がもの凄く気合いを入れているのですから、否定するのは絶対にダメです」

 いま貴族たちの流行はスカート全体を膨らませるのではなく、腰の後ろだけを盛り上げて蟻腰を強調したバッスル・スタイルであった。
 上流の社交界への出入りがないと、こうした流行遅れが起こりえる。
 ウィルは困っていた。
 一曲踊ろうにも、あんなドレスだとスカートが邪魔で踊れないだろう。
 テーブルに案内しようにも、部屋に置いてある肘掛け突きの椅子に座れない。
 ふとみるとトカゲの令嬢が酸欠のようにあっぷあっぷしていることに気がついた。

「顔色が悪いですよ。座りませんか」
「で、ですが――」

 本人もこんなドレスでは座れないことが分かっているのだろう。

「実を言うとわたしも、ちょっと疲れました」

 ウィルはそう言ってにっこり微笑んだ。
 そして使用人が使うような丸椅子を二脚持ってこさせ、自分はそこに腰掛け、その手前に少し距離を離して置いた。

「フローラお手伝いをしてさしあげて」
「はい。ご主人さま。お嬢様、失礼します」

 フローラは床に膝をつき、椅子を提灯のようなスカートの中へとくぐらせた。
 すると令嬢は丸テーブルの上に座って、ほっと一息をつくと、安心したように微笑んだ。
 自然な表情で笑うと、随分と見られる顔になることに気がついた。

「ありがとうございます。ウィリアム様。侍女レディースメイドのかたも」

 厳格な家庭に生まれたフローラは、ほぼ完璧な礼儀作法を身につけており、侍女として雇われていてもおかしくはないという雰囲気がある。

「侍女だって。よかったね。フローラ」

 ウィルは冷やかした。

「まあ。ご主人さま。黙っていてくださっても良かったのに……。申し訳ありません。わたしは侍女ではありません。ただの客間女中です。お嬢様。それではお楽しみください」

 にっこりと微笑んで、ぺこりと頭を下げると、フローラは退出した。

(フローラをレベッカの世話につけてあげても良かったんだけどね……)

 家が潰れたとき虚しくなるから絶対に止めてと、レベッカが大反対したのであった。

「フローラは侍女になるのが夢ですから、間違えられたのがきっとうれしかったんですよ」

 侍女は女中と違い、女中服を着る義務がない。罪のないお世辞であろう。

「まあ、なんて可愛らしい人。うちの気の利かない女中とは大違い」

 ウィルがふと部屋の隅に目をやると、令嬢の連れてきた陰の薄い女中がしゅうに肩を震わせていた。
 いきなりごうしゃなお屋敷に連れてこられて、いつもと勝手が違い、隅っこに控えているしか出来ないのだろう。

「いえ。こういうときに、女中を責めても仕方がありません」

 ちょっと可哀想だと思ったのだ。

「そう……ですね。つい女中のせいにしてしまいました。わが家が悪いのですわ。山出しの田舎者ですから、本当は伯爵様のお家に来るのも足が震えてしまって」
(へえ……)

 令嬢は顔に似合わずに、意外に心根は率直で大らかなようであった。

「もしよろしければ、うちの女中で気に入ったものがいらっしゃったら、勧誘していただいても構いませんよ。礼儀作法をわきまえた女中が一人いれば屋敷のなかは随分と変わってくるものですから」

 ウィルは、もし望まれたなら一二人いる家政女中の誰かに話を持って行こうと思っていた。
 いま屋敷にいる家政女中に厳命された伯爵の指示は以下のとおり。
 女中は決して、階上の世界アッパーステアーズの主人の目につくところに出てきてはならない。
 女中は決して、主人のいるまえで口を開いてはならない。
 女中は必ず、主人がいないときに完璧に掃除を済ませていなければならない。
 もし、この命令を無視するように指示を出せば、伯爵に逆らったと解釈されることだろう。
 伯爵家のなかで家政女中の労働条件だけが悲惨なことになっている。
 ならば、いっそ譲り渡してしまえと思ったのだ。
 代わりに新しく雇った女中には、ウィルのやりかたでやってもらうつもりである。
 それならば、辛うじて伯爵に直接逆らった形にはならないだろうと踏んだ。
 令嬢はしばらく思案してから口を開いた。

「……正直、喉から手が出るほどほしいのですが、うちに来ませんかなんて言ったりして、失礼にあたらないかしら」
「仲介料はいただきます。それと女中にはぜひ好条件を。それさえお約束していただけるなら全く失礼にあたりません。貴族はこういう金勘定のところ、わりとちゃっかりしているものでして」

 ウィルが人の悪い笑みを浮かべると、令嬢も釣られて笑った。

「もし、ご興味あるなら、詳しいことはそちらにいる女中長のトリスに」
「なんなりとご相談ください」

 トリスが黒いスカートのすそを持ち上げて優雅に一礼した。

「まあ、どこかのご令嬢かと思いました。マルク家は女中長までお綺麗なのですね」

 たしかにトリスは美人だが見え透いたお世辞ではある。一目で客か使用人かは区別がつくであろう。
 屋敷の女中たちは、華やかに着飾った令嬢たちとは対照的に、黒い女中服にエプロンといった極力目立たない格好をしている。

「いいえ。とんでもありません。裏方の女中長で失礼でなければ」

 なかには、どうしてもうちの娘をと迫ってくる中流階層もいる。これだけ成り上がりものが集まれば身の程知らずも出てくる。

「ウィリアム様。何卒! 何卒、うちの娘をウィリアム様の伴侶に!」

 脂ぎった親父がウィルの足元にすがりついてくるのだ。

「パパ! お願いだからもう止めて! 恥ずかしいわ!」

 それをそばかす混じりの赤いドレスの令嬢が、父親をひっぺがそうと後ろから、ううんと引っ張っている。
 かなりの醜態である。それに巻き込まれるウィルも堪ったものではない。

「あら、ウィリアム様。どうなさったの?」

 しつこく言い寄ってくる客には、レベッカの出番である。
 ウィルの屋敷に逗留しているレベッカを紹介すると、まず中流階層はその容姿の美しさに見惚れる。
 レベッカの役回りはというと、

「わたしとウィリアム様が結婚? 残念ながらわたしではウィリアム様と釣り合いません」

 レベッカはそう言って、中流階層に身の程を弁えさせるのであった。
 嫌な役目を押しつけてしまったとウィルは申し訳なさを感じないでもなかった。
 一人片付いて椅子に座ったのも束の間、そっと耳元にギュンガスがささやきかけてくる。

「今日の超大物はさきほどの鉄道王のご令嬢くらいですので、あとは気楽にやってくださって結構ですよ」
「鉄道王……?」
「はい。さきほどのヒラメとトカゲの合いの子のお嬢様です」
「言ってよ……」

 対応を間違えなくて良かったと、つくづくほっとした。
 このクラスの中流階層は下手な上流階層よりも、よほど力を持っている。
 はっきり言って、カヤック――ヨハネ男爵家を怒らせるよりも何倍も何十倍も怖い。
 彼らに足りないものは家柄や爵位といった箔づけだけであった。

「とは言っても、あとの参加者もマルク家と並ぶくらいの大金持ちなんですが――なんというかあとは見れば分かりますよ。ああ一人、重要人物が残っていましたね」

 ギュンガスの言葉通り、次の集団は少々の不作法は気にしないウィルがあきれるほどの山出しの成り金であった。

「なあ。姉ちゃんいくらだ? 一万ドラクマでやらせてもらえんか?」
「こ、困ります。お客様……」

 食器を回収しに来たフローラの左腕が乱暴に掴まれている。かなりの押し問答があったのかフローラの表情はややげっそりとしていた。
 周囲の参加者たちも迷惑そうにしているが、誰も止めようとはしない。中背の男の頭は禿げあがり、腹はなにか詰め物でもしているのかというくらい脂肪で膨らんでいる。

「胡椒の商いで財をなした船主です。マルク家もときどき利用しますから穏便にお引き取りしてもらってください」

 様子を見に来たウィルの耳元でギュンガスが囁いた。

「船主ということは小麦の商いも扱っているよね?」
「最大手です。ソフィアの妹を探すなら、ぜひ先方に気に入られてください。女中の一人や二人くれてやればいいじゃないですか」

 ギュンガスの言葉にウィルは眉をひそめた。
 フローラをあの下品な船主に抱かせてやるつもりはない。
 だが、船主を怒らせないようマルク家の勢力に取り込むのはなかなかの無理難題だ。

「お客様。困りますよ」

 ウィルがそう言うと、中背の禿頭はさもいいところを邪魔されたという表情を浮かべ、フローラの腕を離した。

「いいじゃねえか。金ならいくらでも出すぞ。五万ドラクマか、十万ドラクマか。大丈夫。俺は上手えから。天国に昇らせてやるって」

 たしかにそのくらい出せば、フローラ並の容姿を備えた高級娼婦を一晩買うことができるだろう。
 だが、ウィルはきっぱりと答える。

「いいえ。お客様。うちの女中は娼婦ではありません」

 成り上がりの船主はきょとんと、初めて金で買えないものを見つけたような顔をしていた。

「んな。こんだけ美人を揃えて殺生な。あんただって手くらい出してるだろうが? それとも、歳が若すぎてまだ女を知らないのか?」

 この下卑た笑いを浮かべる小太りの中年をたたき出すのは簡単だった。主にソフィアを使えば。
 だが、年若いと舐められたままにしておくのは癪に障った。

「わたしも、ときには女中に手を出すこともあります」

 ウィルは客人たちのまえでフローラの両肩の少し下あたりを両手で包んだ。そうすると、フローラの体が震え、わずかに色っぽい吐息を漏らした。これまでの条件反射でフローラの体はそうなるように仕込まれている。
 周囲の客人たちから、色っぽい女中に様子に「これは美しい」と、そう感嘆の声が上がった。

「ですがみなさまは、客の誰にでもとぎを提供するような女中を雇いたいと考えるでしょうか。そんな女中の手で整えられたベッドで眠るとしたら、そこはもはや領主のカントリー屋敷ハウスではなくただの売春宿です」

 ウィルの言葉は辛辣だった。

「もしわたしがこの女中に手を出すとしたら、その後も屋敷に継続して勤められるよう取り計らわねばなりません。特にこの子などはけいけんな信徒ですから、その後も彼女の誇りや世間体に傷がつかないよう心を砕かねばなりません。とても高くつきますが、どうしてもりたいなら手を尽くすしかありません。そうでもしないと女中の花を散らせた後の忠誠は買えませんから」

 言っている大半はトリスの受け売りであるが、ウィルの血肉になった言葉でもある。

「ふむう……女中を抱くというのもかなり面倒なんだな」

 客の誰かがそう口にした。

「ええ。そのとおりです。女中の質は、かけた手間暇に比例するといいますが、なかでも女中にお手つきをするのはマルク家ではとても手間のかかることなのです」

 そういうことにでもしておかないと、明日から色情狂という評判が立ってしまいそうだった。

「……だが、それでも魅力的だ!」

 また客の誰かが断言した。
  女中を雇うというのは、いまの時代の中流階層にとってのステータスであったのだ。中流階層の条件とは、最低一人の女中を雇っていることである。

「ちょっと質問したいのだが……いいだろうか」

 いまこの場にいるなかで、燕尾服をぴしっと着こなした一番紳士然とした男が声を発した。
 いかにも我慢できないといった感じでくちもとをむずむずとさせている。

「どうぞ」

 ウィルは即座にそう答えた。

「そこの女中に問いたい。もしあなたの主人に伽をするよう求められたら、あなたはどう応じるだろうか? わたしの知るなかで最も主人に手塩にかけられた女中が、主人の愛情にどう答えるかが知りたい」
(いや、手塩にかけて指導したのはトリスであって、ぼくではないのだけど……)

 ウィルの思惑をよそに、ちょび髭も含め周囲の客人たちはかたを飲んでフローラの返答を見守っている。
 フローラは完璧にしつけられた貴族家の女中ならどう反応するかという、新興成り金たちの期待の視線にさらされていた。

「――えっ、と……」

 フローラはその雰囲気に圧倒されて、背中をウィルの胸に預ける。振り返ってウィルの指示を仰ぐ。

「フローラ。思っているまま答えなさい」

 フローラなら、きっと結婚まで貞操を守ると言って客人をがっかりさせるかもしれないが、それでも仕方ないとウィルは思ったのだ。
 ふと、ウィルはフローラの肩から肘にかけて優しく触れたままであることに気がついた。
 フローラは少し俯いて顔を赤らめている。
 これだとまるで、主人に促されて、空いている一室に誘導される女中のようである。
 おまけにフローラは口許にやわらかい笑みがたたえられている。

「こうして肩を触れられるだけで、なんでも許してしまいそうな気分になってしまいます。伽をお断わりする選択肢は考えられません。ご主人さまに身をお任せして悪いようにならないことが分かっていますから。この屋敷の女中たちなら誰しもそう思うのではないでしょうか……?」

 フローラは、ウィルにとっては予想外な――客人たちが望む以上の返答をしたのだ。
 それを聞いて、成り上がりの船主は軽く口笛を吹いて降参とばかりに両手を挙げた。

「まいった。俺は船と女の扱いの上手いやつは尊敬することに決めているんだ」

 そして海の男らしく豪快に笑った。
 船が女性名詞であるからだろうか。荒らくれの船乗りたちを統率する船主を認めさせたのは、ウィルの女の扱いのうまさであった。

「どうすればマルク家のような女中を雇うことができるだろうか。いっそマルク家の女中をお譲りいただくことはできないか」
「わたしは手ずから自分の女中を育て上げたい!」

 ほかの客人からも次々と声があがった。
 客人たちの眼差しは、ウィルに対する尊敬と羨望で満ちていた。

「マルク家の女中をお求めなら、ええと女中長に……、トリス! お客さんに説明してさしあげて!」





第三十二話「内覧会」へのコメント:
コメント入力のお願い
Twitterログイン後、本文中の行をクリックすることで直接行にコメントがつけられるようになっております。
書いている著者自身がWeb版/同人Kindle版/商業版の各バージョンの違いで混乱しているものでして、もし読んで気になる点や誤字脱字などございましたらご指摘願います。
↓ クリックするとTwitterログイン画面に飛びます ↓
コメントのお礼に特典小説もご用意しております。