ページ
先頭
総コメ: 4
展開畳む(行コメ:4件)
ページ
末尾
第十二話「洗濯女中」

 次にトリスが向かったのは、屋敷の本館から離れた煉瓦造りの小さな建物であった。
 近くまで歩くと石鹸の臭いがただよってきた。建物の裏手からは湯気が立ち上っている。
 洗濯場は、特有の臭いもするし干し場も必要なため、屋敷のなかでは少々具合が悪いのであった。
 建物から、陽気な歌声や笑い声が聞こえてきた。屋敷のなかで働く女中は無駄口をたたかないようしつけられるが、その例外がこの離れで働く洗濯ランドリー女中メイドである。
 ここは雰囲気が自由なのが良い。洗濯場はウィルの幼少のころからのお気に入りの遊び場であった。

「ここは、わたしよりもご主人さまのほうがお詳しいと存じます」

 そう言って、トリスは足を止めた。

「う、うん。それはそうだけど……」

 先日、せいをして下着を汚してしまって以来、ウィルは気恥ずかしくなって洗濯場から足が遠のいてしまっていた。
 洗濯場の建物を見つめながら気後れするウィルの両肩に、女中長ハウスキーパーはぽんと後ろから手を載せた。

「さあ、どうぞ。かしましい洗濯女中たちの尻を叩いてきて、だれが女中のご主人様であるか存分にお躾けくださいませ」
「えっ? えーー」

 ウィルは思わず途方にくれたような声をあげ、長身の第一洗濯女中のシルエットを思い浮かべる。目の前のトリスよりは背は低いが、ウィルよりも背が高い。胸も尻も大きく、身体つきががっちりしており、怒らせるとおっかないイメージがある。
 それに、少年は幼少のころより洗濯女中と親しくしてきた。

(きっとかなしむよね……)

 そんな女中たちに、自分の立場を分からせるよう振る舞うのは気が引けてならない。
 ウィルが難しい顔をして首を傾げていると、頭の後ろが柔らかい温もりで包まれた。トリスがエプロン越しに豊満な胸のやわにくを押し当ててきた。

(う……)

 女の豊満な胸が少年の後頭部を枕のようにおおい包んでおり、身近な温度と一緒に、断固とした意思を少年に伝えてきた。

「それとも屋敷の洗濯女中では、ご主人さまのお眼鏡にかないませんか?」
「いや、そんなことないよ」

 ウィルは即答した。
 たたでさえ、このマルク領の周辺地域は東西の血が混じりあうせいか、美人が多いことで知られている。
 なかでも屋敷の女中たちは、トリスが厳選したこともあって容姿の整った女性ばかりだ。屋敷の表側に決して姿を見せることのない洗濯女中とてその例外ではない。

「わたしは次の仕事がありますので先に屋敷に戻らせていただきます」

 女は用は済んだとばかりに身体を離した。

「ご主人さまはせめて一人くらいお尻を触ってからお戻りくださいね」

 トリスはいかにも簡単そうに言って、踵を返し、屋敷のほうへ戻りはじめた。
 ウィルは、そんな女中長の尻を名残惜しそうに見つめている。

(さあ、どうしたものかな……)

 少年は股間をむずむずさせながらそんなふうに思った。
 これから、少年を可愛がってくれた洗濯女中の尻を触りに行くのだ。
 結局、けしかけられるがままに行動しようとしていることに気がつき、ウィルは苦笑を浮かべた。
 建物のほうへと歩み寄り、ドアのすきから洗濯場のなかをのぞきこむ。
 蒸し暑い室内の熱気を顔に感じた。

「このところウィル坊ちゃん、洗濯場に顔出さないよね!」
(……!)

 いきなり元気の良い女の声が聞こえてきて、思わずウィルはびくっと肩を震わせた。
 ドアの向こうには、視界をさえぎるように大量の布地が山積みになっているのが見えた。白い山は、ほかほかと湯気を立てていた。
 屋敷から毎日大量に出る、シーツやレース地、使用人の下着などの白亜麻布リネン類を扱うのが洗濯女中たちの日常である。

「そうねえ……」

 洗濯物の山の向こうから、落ち着いた女の声が返ってきた。

(あ、ぼくに言っているわけじゃないのか……)

 山の向こうを覗くと、十代後半の短い栗毛の少女アーニーの小さな背中が見えた。頭の右側だけ、短い結び髪ピッグ・テールにしており、それがこの洗濯女中の印象をより幼いものにしていた。年齢的にはフローラと同じくらいのはずだが、あの客間パーラー女中メイドと違って淑女レディといった印象はない。

「最近、洗濯場にお越しいただけなくなったね」

 そう口にしたのは、白銀色の髪に褐色の肌をした異国情緒豊かな二十代前半の洗濯女中シャーミアである。
 南方から流れてきた少数民族の出身らしく、ウィルが三年の寄宿舎暮らしを終えた後、屋敷に加わっていたのだ。
 そのせいもあってか、ウィルに対する言葉遣いは古株の洗濯女中ほど気安くはない。

(なんで洗濯女中やってるのか不思議なくらいなんだよね……)

 シャーミアの容姿の華やかさは、客間女中フローラと並んでも見劣りはしないくらいである。
 器量の整った女が洗濯女中に就いてはいけないという法はないが、普通そういう女性は客人の前に姿を見せる客間女中や、清らかな乙女のイメージのある酪農デイリー女中メイドに就くことを望むだろう。
 いま褐色の肌の女は、アーニーと並んで低い長椅子に腰を掛け、捲り上げた腕を動かしている。ブラシをかけているようだ。この二人は、主人の使う毛織物や絹織物などを洗うのを専門としていた。
 少し横を向いたシャーミアの簡素なエプロンを豊かな胸の膨らみが持ち上げている。フローラのものよりも少し大きいであろうとウィルは見当をつけた。

「久しぶりにウィル坊ちゃんが顔を出したって、マイヤのやつに自慢されたよ」

 口を尖らせるアーニーの表情が思い浮かぶようであった。洗濯場と調理場に対抗意識のようなものがあるようだ。
 清潔な衣類と美味しい食事、どちらも屋敷の生活水準を保つのに欠かすことのできないものだ。

「仕方ないよ。こんなとしと遊ぶよりも、若い子と遊んだほうが楽しいに決まっているもの」

 ややねるような口調で言ったのは三十代前半と屋敷で最年長のイグチナである。

(そういうつもりじゃないんだけどな……)

 単に夢精をして、下着を汚してしまって顔を出しづらかっただけだ。
 女は、耳が隠れるくらいの短い黒髪を揺らしながら、湯気をあげるたるのなかに白い衣類を押し込んでいる。
 垂れるほど膨らんだ胸がぷるぷると震えている。背の高さはウィルと同じくらいで、屋敷のほっそりした女中に比べると、太っているというほうではないが身体全体に丸みを感じさせる。
 女中長トリスの均整を失わないプロポーションに対し、イグチナの身体にはいよいよ線の崩れかける直前に年増の女の魅力を感じさせるものがある。
 ウィルと同年代の娘をもつ一児の母であることもあってか、母性と色香がない交ぜになったような肉厚の柔らかそうな女の色香を放っていた。
 全体的にやや丸いが、年齢を感じさせるのは洗濯女中の商売道具である手だけだ。
 毎日洗濯女中として働いていることもあってかウエスト回りも、きちんと引き締まっている。

「それもそうですよねえ」

 長い栗毛を後ろに束ねたブリタニーが長いまつを伏せて、ふうっとため息をついた。
 ウィルの心が少し痛んだ。
 ブリタニーの歳は二七歳。女性に年齢を尋ねるものではないが、ブリタニーは嫌な顔一つせずに教えてくれた。
 ウィルは栗毛の女中の薄い尻を眺めた。

(子宝に恵まれなかったらしいんだよね……可哀想に……)

 良家との縁組みしたもののあとぎを産めなかったため、婚姻を解消されてしまったとか。
 教会が離婚を認めていないため、イグチナのように籍を入れ続けるか、ブリタニーのように最初から無かったものとして扱うかどちらかしかない。
 元々子供好きなのか分からないが、ブリタニーは少年を全力で甘やかしたいように見えるフシがあった。

「ちょっと忘れないで。若いのもいるよ! わたしとかレミアとか」

 アーニーの言葉に、ボーイッシュな短髪の女中が、洗濯物の入った大きなたらいを木のへらで掻き回しながら振り返った。
 暑いのか、女中服のブラウスを脱いでおり、白い胸当てだけをつけた格好だ。

「坊ちゃんに? 興味ないね」

 こちらも十代後半の洗濯女中レミアである。細身の体型はブリタニーに少し似ているだろうか。
 この少女もシャーミアと同様、ウィルが王立学院を卒業して屋敷に戻ったときに、気がつけば勤めはじめていた。
 だが、従順なブリタニーと違い、ウィルに対し少しそっけない印象を受けるときがある。少女はもっと男らしい男性が好みのようだ。

(ちぇっ……)

 ウィルは少し唇を尖らせる。
 ブリタニーなどから見れば、それが可愛くて仕方がないようだが、幼く見えることをウィルは少し気にしていた。

「ほら、あんたら。手が止まってるよ。口を動かすんだったら手も動かしな」

 部屋の中央で、大柄な女が腰に手を当てて仁王立ちしていた。この職場のまとめ役であり、第一洗濯女中のジュディスである。
 二十代半ばの女性であり、女は燃えるような長い赤髪を両耳の横あたりで束ねていた。
 屋敷のなかではトリスに次いで身長が高い。ウィルより頭半分くらい背が高いだろうか。胸や尻も大きい。大柄である。

「はい。姉御!」

 レミアが元気よく同意した。ボーイッシュな少女にとって頼れる姉貴分のようだ。

「口は悪くても、腕は悪くないのが洗濯女中ってもんだ」

 長身の女は、いかにも気の強そうな赤い眉を少し緩め、かかかと笑った。白い歯がこぼれる。
 ジュディスは昔から竹を割ったような性格をしている。そんなジュディスにウィルも昔はよく遊んでもらったものだ。
 この赤髪の女は結婚してしばらく屋敷を離れていたが、夫を戦場で亡くし、屋敷に出戻ってきた。
 屋敷に戻ってからのジュディスは以前にも増して、よく働いてくれている。仕事を生き甲斐を見出しているのかもしれない。

「暑いねえ……よし、わたしも脱ぐか」

 そう言って、ジュディスが額の汗をぬぐった。
 湯に浸した洗濯物を洗っているので、室内は熱気が籠もっているのだ。
 女は急に女中服の黒いブラウスを脱ぎはじめた。黒い下着に包まれた大きな胸がぶるんとあらわになる。
 トリスがいれば顔をひそめるかもしれないが、屋敷の本館から離れた職場だからこそ、必要に応じてこうして服を脱ぐこともできるのだ。
 女は、耳の少し下で結んだ左右の赤髪を後ろに掻き上げる。
 そして、洗濯物を入れた大きな樽を、大きな木のへらで掻き回しはじめた。
 ジュディスの背中の筋肉が少し盛り上がった。ウィルから見てもほれぼれするような女の筋肉美である。
 黒いブラの背中の止め紐に交差するように、発達した背中に汗がしたたり落ちる。下着は蒸気を吸ってむんむんと湿っている。
 なんとなく昨晩の女中長トリスの噎せ返るような吐息の熱さや肌のほてりを思い起こさせるものがあった。

「曹長は背中もいいんだけど、一番カッコイイのは尻の筋肉なんだよね」

 小柄なアーニーがジュディスの背を覗き込み、妙なことを言い始めた。
 ジュディスのことを曹長と呼ぶのが、この栗毛の少女の最近の流行りであるらしかった。
 軍隊で働いていたというジュディスの夫の話を聞いて感化されたのかもしれない。
 ウィルはつい頭の中で、さきほど手の平で柔らかく弾んだ料理人コックリッタの大ぶりの尻の感触と比較してしまった。

「……分かんねえことを。まあ、いいけどよう」

 赤毛の大柄な女中はなんともいえない表情を浮かべ、後ろ頭をいている。
 それからジュディスは、湯気の立つ桶のなかから白い洗濯物をつまみ、左右に広げる。
 白さに満足したのか、女はうなずいた。

「うん。やっぱりいつかはお店を出したいねえ……。屋敷で働くのも不満はないんだけどよ」

 ふと、ジュディスが口にした。

「さんせーい! 軍曹に賛成!」
「いいね。姉御。ついていくよ」

 即座にアーニーにレミアが賛同し、

「わたしたちの腕ならきっと繁盛するでしょう」

 シャーミアが頬を軽く緩ませた。
 白銀髪の女中の足下近くのバケツには、白い衣類が炭酸ソーダ水につけられているのが見えた。
 女中服の白は、貞淑さを表わす色だと思われており、真っ白に洗い上げる技術はそれなりに需要が大きい。
 貴族家だと上質な衣類を扱う機会も多い。その結果、洗濯女中はかなり高度に細分化された専門職となる。
 腕に自信のある職人なら、自分の店を構えたいと考えて当然かもしれない。

「でも、そのためには先立つものがねえんだよな」

 赤毛の第一洗濯女中は、そうがっくりとうなだれる。
 洗濯屋を開業するにも資金が必要なのであった。

「姉御のためならお金を出すよ?」
「うちらのお給料、曹長にあげたところでどうにもならないって」
「そうですねえ」

 店を開店する資金というのは、いっかいの洗濯女中が働きながら貯められるような金額ではない。
 支援してあげたい気持ちもあるが、いまのウィルには屋敷のお金を左右するだけの実権がないし、第一ウィルとしても腕の良い洗濯女中に抜けられては困るのであった。
 古株のブリタニーとイグチナは、口を挟まずほほましそうに見つめていた。

「まあ人の夢なんてはかないもんさ。ブリタニー、シーツを干しはじめとくれ」

 振り向いたジュディスがそう声を掛けた。

「はい。分かりました」

 同意する女の声がした。

(あ、こっちに来た……)

 ひょっいとシーツの山の影から顔を出した長い栗毛の女中ブリタニーが、ウィルの姿を認め、女の黒茶色の瞳がきょとんと見開かれた。
 ウィルが黙っていてくれるよう、しーと口の前に戸を立てると、ほんの僅かにウェーブのかかった栗毛の洗濯女中は、軽く微笑んでこくこくと頷いた。
 ブリタニーはウィルよりも頭半分ほど背の高い。山のようなシーツを胸の前のカゴに積み上げ、ウィルの姿を隠すように、一緒に建物から出た。
 ウィルがウッドデッキに腰掛けて身守るなか、すらりとした体型の女は、ときおり横目で楽しそうにウィルのほうを見ながら洗濯物を干しはじめた。

(冷静に考えたら、べつに隠れる必要もなかったね……)

 洗濯所に来たのは、数日ぶりだったので少し緊張してしまった。
 目の前で働くブリタニーの背はフローラよりも幾分か高く、トリスより低い。
 胸の大きさはフローラと同じだが、女性にしては背が少し高いこともあって、スレンダーで優しげなお姉さんといった印象がある。
 女はカゴから洗濯物を取りだそうと、背をかがめる。黒地のスカートにお尻の谷間のカーブがわずかに浮かび上がった。
 こちらに向けられた尻は小ぶりであるが、腰骨から背中にかけてくびれたラインが結構な色気を放っている。
 女性として、十分すぎるほど魅力的な腰つきをしているが、安産型ではない。

「昔、よくブリタニーのスカートのなかに隠れたよね」

 まだ女の腰ほどのたけしかないころ、女中のスカートのなかは絶好の隠れ場所だった。

「またお隠れになりますか?」

 ブリタニーは手を休めると、スカートのすそまみ上げて、うれしそうに笑った。
 黒い長靴下に包まれた形の良い脚が膝上のあたりまで露わになる。
 マルク家の女中たちは、毎日洗濯女中が洗った清潔な下着を穿き、仕事の後には風呂にも入れることもあって、スカートのなかは女の肌の甘い汗の匂いがしたものだ。
 ガーターベルトと長い黒靴下に挟まれた太腿に頬ずりすると、たいてい女中は『ウィル坊ちゃん、くすぐったいです』そう嬉しそうにはしゃいだ。
 得に記憶に残っているのは、ブリタニーの白く柔らかい太腿の感触。スカートのなかから見上げるショーツは日によって色が変わった。
 少年は、手際良く白いシーツを干す女の周辺をきょろきょろと確認する。
 幸い、干されたシーツが帆のように空間を仕切り、視線を遮ってくれている。
 ウィルは洗濯物を干している女の背後に忍び寄る。

「あっ……」

 後ろからウエストの辺りをぎゅっと抱きしめてみたのだ。
 親愛の表現と性的なほうようの中間くらいかもしれない。ちょっとズルいとは思ったが、こうして子供っぽく振る舞うとブリタニーは逆らわないだろうと思ったのだ。
 思った以上に女の身体は柔らかく温かかった。ブリタニーは軽く身を震わせただけで全く抵抗をしない。

「ふふ……」

 女はくちもとを軽くほころばせて、歳の離れた弟を見るような目でウィルのほうを振り返った。

「あれ、驚かないんだね?」

 少し前傾姿勢になった女の背の上に、こてっと顔を置きながらそうたずねると、

「さきほどからずっとわたしのお尻を見つめているのですもの」

 ぴたっと耳をつけたブリタニーの背中から、くすくすという笑い声が響いてきた。
 古株の女中には、思った以上にバレバレのようであった。

「お年頃ですから女性の身体にご興味がおって当然です。どうぞこの身体は、ウィル坊ちゃんのお好きになさってください」
「え? いいの?」

 想像以上の抵抗感の無さに、ウィルは驚いた。

「ウィル坊ちゃんのお役に立てるなら本望です」
「う、うん……」

 少年は、少しドキドキとしながら、姉のように慕った洗濯女中のエプロンの隙間から指を差し入れ、女の乳房に触れた。
 ウィルは、シーツを広げている女の乳房を重さを確認するように下から揉んでみた。

(大きさはだいたいフローラと同じくらいかな……)

 さきほどは寝ているフローラの身体を触ったが、今度は無抵抗な女の身体をまさぐっているのである。

「イグチナがうらやましかったんです……」
「え?」

 急に最年長の洗濯女中の名が出てきて戸惑う。

「ウィル坊ちゃんにお乳を差しあげているのが……」
「あ……みたいだね。ぼくは覚えてないんだけど」

 一児の母であるイグチナは洗濯女中をする前、乳母ナニーであったトリスの部下として子守ナーサリー女中メイドをしていた。ときにトリスの代わりにウィルに母乳を与えることもあったそうだ。

「ウィル坊ちゃんがこうしてわたしの乳房を求めてくれるのが嬉しいんです」
(全然目的が違うんだけど、いいのだろうか……)

 そう思いながらも、ウィルはゆっくりと女の尻や胸に指をわせる。
 細い年上の女性の身体は色っぽい。さきほど見せてくれた黒靴下に包まれたブリタニーの脚も、昔同様にとても綺麗な形をしていた。
 女の股を割ればさぞ気持ちが良いことだろう。

(よ、よし……)

 ウィルは一応、周囲を見回した。
 屋根に突き出た煙突からは石炭煙があがっている。熱湯で下着の汚れを落とすのである。
 昔から洗濯場に遊びに来ているだけあって、洗濯女中たちの仕事のルーチンを熟知していた。
 ここで、しばしの間、ブリタニーとともに時間を潰したところで、誰も怪しまないだろう。
 ウィルは張り詰めた腰の先端で、小ぶりな尻の谷間を擦り上げてみた。

「あっ……こ、こんなにも大きくなられたのですね」

 戸惑いの声とともに女の尻たぶが引き締まり、つるりと谷間から性器の裏筋が押し出される。
 だがすぐに、ぐにゃりと柔らかくなった薄い尻が、ウィルの存在を受けいれたのであった。

「いいの? ぼくは最後までするつもりなんだよ?」

 ウィルは、ズボンのなかで膨らんだ男性器を女の尻の谷間で擦る。
 女は、この場で行為に及んでも拒まない。その確信があった。

「どうぞお使いください」

 それを聞いてウィルは、とぎをさせる奴隷女を買わせようと、女中長トリスが強く促してきたことを思い出していた。
 結局はトリスが筆おろし役を務めたのであるが、どうしてあそこまで強引だったのか、すとんと腑に落ちるようであった。
 おそらくあのまま行くと、頼みやすさも相まってこの女の尻に筆おろしをさせていた可能性が高い。
 そうなると、きっとウィルは自分を甘やかしてくれるブリタニーの肉体に安住してしまったことだろう。それは、少年を理想の主人に教育しようとするトリスにとって大層都合が悪かったのだ。
 ウィルがスカートを捲ろうと手を伸ばしかけたとき、

「どうせわたしは子もせないような女ですもの。こんな身体でもせめてウィル坊ちゃんに使っていただければ……」

 哀しそうに瞳を伏せる女の言葉に、ウィルは、はっと我に返った。
 すっと女から身体を離した。

「…………?」

 女は心配そうに小首を傾げている。

「ここだと落ち着けないでしょ。そのうち部屋に呼ぶから来てよね?」

 ウィルには、ブリタニーを一人の女性としてきちんと扱ってあげたい気持ちがあったのだ。

「あ、はい。ウィル坊ちゃんがそうおっしゃるなら」

 女は一度、ウィルの頭をぎゅっと胸もとに抱きしめてきた。
 白地の縁飾りのついていない胸のエプロンは、洗濯女中らしくお日様の匂いがした。
 昔、よく抱き上げてもらった。だが、流石にいまは抱き上げてもらうほどウィルの身体は小さくない。

「うん。またね」

 手を振るウィルに、栗毛の洗濯女中は少し寂しげな優しい表情を浮かべていた。


◇ 屋敷の女性一覧 ◇
女中長   1人 (トリス◎)
蒸留室女中 2人 (リサ・サリ)
洗濯女中  6人 (第一:ジュディス)
         (第二:イグチナ・ブリタニー△・シャーミア)
         (第三:アーニー・レミア)
料理人   1人 (リッタ)
調理女中  4人 (マイヤ)
皿洗い女中 2人
酪農女中  3人
客間女中  1人 (フローラ△)
家政女中 12人
雑役女中  8人
側付き女中 1人 (ソフィア△)
    計41人
お手つき  1人 (済み◎、途中△)


◇ 用語解説 ◇
日々、屋敷から出る大量のシーツや下着類のほか、主人の着る高価な衣類の洗濯業務を担う使用人職。重労働で高度な専門性まで要求されるわりに給料はさほど高くない。
洗濯場は汚れ物を扱うこともあり、主人の生活空間から離れた場所に設置されていることが多く、無駄口を叩かないよう躾けられる他の女中とは違い、仕事中に歌を歌うことができるなど洗濯場は賑やかな雰囲気になりやすい。
女中の多くは結婚後に退職するが、洗濯女中はジュディスイグチナのように結婚後に屋敷に出戻りしやすい利点がある。退職後には、その高度な専門性や屋敷との繫がりを生かして洗濯屋を開業するケースもあるようだ。



第十二話「洗濯女中」へのコメント:
コメント入力のお願い
Twitterログイン後、本文中の行をクリックすることで直接行にコメントがつけられるようになっております。
書いている著者自身がWeb版/同人Kindle版/商業版の各バージョンの違いで混乱しているものでして、もし読んで気になる点や誤字脱字などございましたらご指摘願います。
↓ クリックするとTwitterログイン画面に飛びます ↓
コメントのお礼に特典小説もご用意しております。