更新履歴(最新:2018/02/04)
・2018/02/04 第五十話「銀狼族の絨毯」更新
・2018/01/05 第四十九話「銀狼族の神子」更新
・2017/12/28 第四十八話「遊牧民の文字」更新
・2017/12/10 特典小説「洗濯女中と情事後のマイヤの下着」更新
・2017/12/08 「頂いたご指摘の一覧」ページ追加
・2017/12/01 第四十七話「望郷」更新
・2017/12/01 第四十六話「落穂拾い」更新
・2017/12/01 特典小説「洗濯女中と情事後のトリスの下着」更新
・2017/12/01 特典小説「赤毛の側付き女中の奉仕」更新
・2017/12/01 伯爵家女中伝.net連載版 一般公開
作品概要
伯爵家の若き令息ウィルと、屋敷で働く四十人以上の多種多様な女中メイドたちとの間で繰り広げられる
ヴィクトリアンテイストな、おねショタメイドハーレム ここに開幕!
後半部再開しました! いずれノクターンノベルズのほうにもアップしますが、文章を寝かせる都合から本サイトの方が更新が早くなります。

ノクターンノベルズ版 伯爵家女中伝 https://novel18.syosetu.com/n3612bn/

伯爵家女中伝は元々ノクターンでノベルズで連載をはじめ、商業出版していた小説なのですが、現在はやむなく絶版になっております。イラストを描いてくださる方はまだ決まっておりません。
↓ 作品の詳細については、下のバナー画像をクリックして公式サイトをご覧ください ↓
公式はこちら。大幅加筆! イラスト:鈴木健也

コメント入力のお願い
本サイトはTwitterログイン後、本文中の行をクリックすることで直接コメントをつけられる読者参加型の企画になっております。書いている著者自身がWeb版/同人Kindle版/商業版の違いで混乱しているものでして、ご意見・ご感想・誤字脱字のご指摘のほどよろしくお願いします。
↓ クリックするとTwitterログイン画面に飛びます ↓
コメントのお礼に特典小説もご用意しております!
いただいたご指摘の一覧マークつき)
連絡先・その他
サイト障害や改善点などなにか問題ありましたら
著者宛てのご連絡はこちら非公開のご連絡等はこちらに
著者のコメント一覧主に読者の方のご意見やご感想の返信となります
@TenkawaFusui著者のTwitterアカウント
伯爵家女中伝 公式Kindle電子版の公式サイトになります
Web版各話タイトル
文字数
コメント数
7051字
26
全体的に修正を入れました。2018/01/11
6030字
7
12288字
10
8779字
11
6792字
10
11749字
14
11392字
14
10466字
17
7622字
12
全体的に修正を入れました。2018/01/12
7058字
7
9374字
10
10426字
18
全体的に修正しました。2018/01/12
14631字
11
8014字
9
11541字
8
10391字
15
11550字
8
8914字
11
16372字
15
13451字
29
15905字
21
9940字
17
13494字
18
6901字
9
16939字
20
7500字
5
9424字
14
9189字
8
8507字
19
14932字
16
4830字
2
9089字
22
7166字
9
6300字
9
7572字
5
7163字
16
6326字
10
17030字
23
14095字
21
14940字
23
13192字
18
9848字
9
7994字
8
19625字
18
5192字
14
7744字
54
2017年12月25日に、本サイトで修正した第一話「ある朝の目覚め」〜第四十五話「旅立ち」の文面をノクターンノベルズの方にアップデートしました。ご指摘大変参考になりました。ありがとうございます。その後もたくさんご指摘をいただいており一段落つけばまたアップするつもりです。ご協力感謝いたします!
8383字
65
8782字
21
9759字
36
6251字
11
本サイトの特典小説
コメントのお礼の特典小説です。商業版の特典SSについては書店さんに許可をいただき掲載させていただいております。
公開条件:↑どこかにコメントして頂ければリンクが有効になります
COMIC ZINさんに提供した商業版1巻の特典SS(洗濯女中の反応シリーズ)です。少しだけ手を入れてあります。
公開条件:↑どこかにコメントして頂ければリンクが有効になります
COMIC ZINさんにご提供した商業版2巻の特典SS(洗濯女中の反応シリーズ)です。大幅に手を入れており元の倍くらいの文量になっています。
公開条件:↑どこかにコメントして頂ければリンクが有効になります
特典SS用に書きはじめたものの所定の文量をオーバーしたためお蔵入りした短編原稿です。